究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

金沢

北野天満宮、東尋坊、金沢21世紀美術館

2月末の旅行記録を今頃・・・

2月22日。昼過ぎの新幹線で京都。駅の松葉で遅い昼食。ホテルチェックイン後駅に戻って山陰線で嵐山。去年の大雨で景色が変わったようだ。昔やたらとあったタレントショップもいつの間にか一軒もない。観光客自体は多い。レンタル着物の若者が目立つ。

嵐電で北野白梅町。昨年に引き続き北野天満宮梅園ライトアップ。ほとんど満開。上七軒見物後バスで三条河原町。一周りしてから「よしみ」。どうやら経営者が変わったらしい。何があったのだろう?

2月23日。満席のサンダーバードで福井。蟹目当ての観光客らしい。一時間半程度だから立っても楽勝のはずだったが琵琶湖西岸の強風で1時間ほど遅れて福井駅。駅前ビルでおろし三昧蕎麦。福井で何をするかは決めていなかったが、疲れたので北電で海方面。東尋坊までのバスと接続も良いことがわかったのでせっかくなので東尋坊。なかなか賑わっていて自殺の名所の雰囲気はない。

福井駅に戻って今度はしらさぎで金沢着。タクシーで野町。チェックイン後は徒歩で片町。「五郎八」で白海老や治部煮、 レンコンの蟹あんかけなど。

2月23日。金沢で何をするかも決めていない。チェックアウト後金沢駅。ロッカーに荷物を預けてからバスで香林坊まで戻って街中の蕎麦屋で山菜ラーメン。とりあえず何度めかの兼六園。ここも中国人観光客が増えた。梅園もそれなりに。

兼六園の小立野口を出てまっすぐ歩いてみる。やたらと病院が多い。さらに進むとちょっとした商店街があって寺町風の場所。如来寺によってから天徳院。本堂でからくり人形劇を見物。珠姫を初めて知った。観光バスの一団の他は私と連れのみ。自分たちもそうだが金沢で寺社めぐりはあまりしないのかも。

その後も適当に歩いてまた片町に戻る。喫茶店で休憩後、二度目の21世紀美術館。「アジアの風景」はイマイチだったが「邱志杰(チウ・ジージエ) 書くことに生きる」は面白かった。というか書道や漢詩が大陸中国で生き延びていたとは思わなかった。文革で死滅したわけじゃなかったんだ。

また香林坊に戻って近江町市場。バスで金沢駅。「かがやき」で東京。行き当たりばったりの割に密度は結構濃い旅行に。

京都から東舞鶴経由で富山まで

3月2日。久しぶりに一筆書き乗車券を購入。東京から東海道、山陰、舞鶴、小浜、北陸各線で東京。この人のルートに近いが大阪を省略。二泊三日だと余裕がない。

京都まで新幹線。構内の松葉でにしんそば。ホテルチェックイン後、四条まで地下鉄。寺町と祇園をぶらついてからバスで北野天満宮。昼間の梅林は何回か訪ねたが夜ははじめて。というかライトアップ自体が今年かららしい。

早咲きの梅は満開だがもう一日か二日後のほうが良かったかもしれない。梅の枝に掛けられた蝋燭が幻想的。堪能して街中に戻り、「よしみ」でタラの白子鍋など。その後雑炊。

3月3日。特急きのさきで綾部。舞鶴線乗り換えで東舞鶴。徒歩で赤レンガ倉庫まで。海軍カレーを食べたかったが売れきれだったので、移動販売の無水カレーを試すとこれがなかなか。あとで調べるとここのお店の移動販売らしい。

駅に戻りながら商店街を見物。シャッターが閉まっているどころかなかば破壊されているような店もある。港や町の雰囲気は以前訪れた敦賀に似ている。街中を歩く人は少なく、バスやタクシーもあまりない。

駅に戻って今度は小浜線。海側の座席が空いていたのはラッキー。というか空席が目立つ。さすがに夏場はもっとも混むのだろうが。

小浜付近の海岸線は確かに美しい。途中、特に曲がり角もないのにやたらにスピード落とす箇所がある。どうやら観光客向けのサービスらしい。同じことを感じた人もやはりいるようだ。

観光アナウンスは聞こえなかったけれど、景色の良い所で徐行するサービスかもしれない。


http://www.norari.net/train/083112.php

敦賀までは二時間ほど。思ったより退屈しない。また単線だがすれ違いのための停車時間がほとんどないのもよい。敦賀からはサンダーバードで金沢。バスで香林坊。ホテルチェックイン後片町散策。おでんの赤玉は混んでいたし、もう三回ほど体験済みなので向かいの「現八」で辛味おろしそば。その後バー。普通は順番が逆かな・・・

3月4日。チェックアウトしてそのままバスで金沢駅。富山までの「つるぎ」。金沢富山間が三セクになってしまったので新幹線に乗るしかない。駅ビルの海幸山幸越中茶屋で白海老天ぷらうどん。これが本当の氷見うどんなのかどうかは知らないがうまい。付け合せの山菜天ぷらが良かった。

まずは北口に出て、富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ を購入。さっそくポートラムに乗ってみる。若い車掌さんが乗っている。もっとも正確には車掌ではなく「アテンダント」らしい。こちらがフリーきっぷを持った観光客だとわかると色々教えてくれる。アテンダントさんは全線乗務ではないらしく途中の駅というか停車場で下車。

アテンダントさんのおすすめどおり東岩瀬で降りて、古い町並みや港の岸を眺めてから、終点の岩瀬浜からまた乗車。途中駅からまた先程のアテンダントさん。「いかがでしたか?」と声をかけてくれる。気の利く娘だ。が、なんとアテンダントは今月末で終了らしい


今度は南口。私はてっきり富山の路面電車は市電(市営という意味で)だと思っていたのだが、富山地方鉄道株式会社というれっきとした私鉄の路面電車だったことに気づく。どの電車に乗っても町中心部には出られるようなので南富山駅行きに乗ってみる。西町で下車。アーケード街を歩いてみたがやはり商店街は活気がない。もっとも日曜以外はもう少しましなのかも。

特に予定もないのでゆっくり歩いたり、路面電車を乗ったりしているうちに夕方。お土産を買ってからかがやきで東京まで。2時間ちょっと。速い。

金沢から長野二泊三日(その1)


10月3日。上越新幹線で越後湯沢、途中下車して駅構内の小嶋屋でへぎそば。はくたかで金沢。バスで野町まで出てから繁華街。とりあえず前回と赤玉金劇パシオン店とバー。

10月4日。寺町を散策してから野町駅から北陸鉄道石川線で終点の鶴来。途中は「ほうらい祭り」だがまずはまっすぐ徒歩で白山比め神社。参詣後門前の茶店で「稲荷そば」。きざんだ揚げ入り。

帰りは行きとは別の道を戻って石川県ふれあい昆虫館見物。温室に蝶が舞っていて楽しい。

さらに戻って金劔宮。お祭中だが神社境内にはあまり人はいない。お参りすると見知らぬおじいさんが話しかけてきた。とにかくここにはいろいろ不思議なことがあり、特に女性の金運を向上させるらしい・・・

神社から下ると露店が並んでおりそれなりに賑やか。裏道に入ると金棒を持った鬼が幼児を脅している。かなり怖がって泣いている。かわいい^^ 菊姫の販売所で土産用の酒を買う。

鶴来駅に戻ってまた終点まで。また繁華街に出て、五郎八という居酒屋で治部煮や金時草、蓮蒸しなど。続けて近くのbitte!なるドイツ料理店でエルティンガー。ハーフアンドハーフがうまい。

長くなったので続きはまた。

京都から金沢

毎年恒例の冬の京都行きだが、今年は金沢にも立ち寄ることにした。金沢は20年ぶり。新幹線が開通するとまた変わってしまうので・・・

2月28日。新幹線で京都。東寺に立ち寄ってから徒歩で四条。四条烏丸の「祭や」という居酒屋初体験。なかなか楽しい店。京都というより大阪的?

3月1日。北野天満宮までバス。お参りしてから徒歩で丸太町まで。地下鉄で京都駅に出てサンダーバードで金沢。片町周辺をぶらつく。赤玉(本店じゃないほう)でおでんとのどぐろ。その後バー。こんなに夜が賑やかな街だとは思わなかった。

3月2日。徒歩で兼六園と近江町市場を見てからはくたか号で越後湯沢。こんなに速いなら無理に新幹線なんて作らなくてもいいのに・・・ 雪の駅、というかスキー客を間近に見るのは久しぶり。スキーなんて25年以上縁がないw 駅構内のへぎそば「小嶋屋」でかけそば。なかなかうまい。東京にも出店しないのかな・・・

記事検索
Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ