究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

茗荷谷

2016年7月後半散歩記録

7月16日。恵比寿駅まで電車。駒沢通りをひたすら歩いて祐天寺みたま祭り。要は盆踊りだがかなり賑わっている。そのまま学芸大学駅まで歩いて久しぶりに商店街を隅々まで探索。散歩終了。東横、日比谷線経由で日比谷。Baden Baden。

7月17日。湯島駅まで電車。上野祭り開催中の不忍池を一回りしてから京成で京成関屋駅。東京電機大学がさらに増殖している。北千住飲み屋街を一周りしてからつくばエクスプレスで浅草。浅草ビアホール。


7月23日。ポケモンGOインストールしてから神保町駅。酔の助がポケストップになっている。白山通りを水道橋、後楽園を抜けてこんにゃく閻魔源覚寺のほうずき市。続けて伝通院朝顔市。春日通りを池袋方面へ。茗荷谷で「丼太郎」を発見。その後ニュースで真相を知る。新大塚からサンシャイン。池袋駅で散歩終了。江古田まで西武線でお志ど里。

バンビランチの思い出

今日の午後、新宿で用件を済ませた後、遅めの昼食をどうしようかと考えていたら、なぜか「バンビランチ」のことを思い出した。サブナードに「バンビ」があることは前から知っていたが、入店したことがない。せっかくなので20数年ぶりにバンビランチを食べてみた。中身は昔と変わらない。ハンバーグとクリームコロッケと魚のフライ。これにコンソメスープとライスが付く。味は昔より落ちた気がするが、単に私が年を取ったせいかもしれない。値段は800円。今となっては割高だが、新宿という場所柄のせいもあるだろう。

私が「バンビ」及び「バンビランチ」を愛用していたのは大学生のころ、25年ほど前の話だ。お茶の水女子大との合同サークルに入っていたから(ただしまったくもてなかったw)、月に2回は茗荷谷のバンビで夕食を取った。ほぼ全員が「バンビランチ」を注文するのが常だった。値段は夜でも500円だった。

バンビ茗荷谷店」は今でも存在するようだが、昔とは場所が変わった気がする。たしか当時は国道254号の南側にあったと思うのだが・・・ 茗荷谷駅の構造自体がまるっきり変わってしまって昔の面影がない。お茶大はあまり変わっていないようだが、以前と違い、気楽にキャンパス内には入れない雰囲気になっている。

茗荷谷店以外では、神保町と四谷のバンビも利用したことはある。どちらの店もまだ存続しているようだ。新宿サブナード店は別として、他の街のバンビの本来のお客さんは学生なのだろうが、今の学生はバンビなんか利用しないんじゃないかな・・・ もっと安いガストで済ませるか、あるいはもうちょっとオシャレな店に行くか・・・ こんど神保町店に行って確かめてみよう。
記事検索
Recent Comments

livedoor プロフィール
ブログセンター



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

blogram投票ボタン


  • ライブドアブログ