究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

立石

柴又宵まつりと立石周辺

もう秋祭りシーズン。どこへ行くかと迷ったが、吉祥寺とか都内西部アレルギーが悪化しているし、南の方もあまり気乗りがしない。ので思い切り東へ。久しぶりに柴又。

9月11日の記録。

京成金町線にも乗りたいので柴又まで電車。宵まつりということだがメインのイベントは昼に終了したらしく、参道の店も閉まり始めている。とりあえず帝釈天に行ってみると一応仮装コンテストをやっているがそれほどの賑わいではない。昼間はもっと賑わっていたのだろうけど。

柴又駅まで戻り、さらに電車沿いに高砂まで。ここらあたりマンションも増え人は多いが街としての活気はさほどない。

なんとなく寂しくなったので、電車で上野あたりに戻ろうか、と思ったが、せっかくなのでまた久しぶりに立石。ここはまだまだ活気が残っている。まずは仲見世見物。

とある店の入口に、「夜9時まで原神社で踊っています」との張り紙。近くに「原稲荷神社」があるのでそこのお祭りだろう。住宅街の奥のこじんまりした神社。秋祭りのはずだがやっているのは盆踊り。ただかなり賑わっている。少なくともさっきの帝釈天より混んでいるような。

立石駅に戻り、仲見世と逆側(区役所方面側)も一回り。「再開発反対」の幟が何本か。が、飲み屋自体は賑わっていて、町並みは昭和のまんまだが平成生まれの若者があちこちに。なんかシュールだ。

散歩終了。電車で浅草。こちらはもう21時にちかいのにまだまだ混んでいる。ただし聞こえるのは日本語より外国語が多い。そういえば柴又や立石では外国人を見かけなかった。帝釈天は浅草で代用可能だが、立石のあの雰囲気を出している街は少ないし、外人も喜びそうだがまだ知られていないのかも。もっとも日本人で東京に住んでいても「立石ってどこ?」という人も多いだろうから仕方ない。かくいう私もつげ義春を読むまでは知らなかった。浅草ビアホールでソーセージと白穂乃香。来週はどこに行くかな。



散歩記録:上千葉香取神社祭礼(でも神社はお休みw)

昨年の今頃、堀切の氷川神社のお祭りを見物しにいったとき、お花茶屋駅近くで香取神社の神輿も見かけた。その時は素通りしまったので今年はその香取神社を目指す。

行き方は去年と一緒。京成で立石駅。まずは駅の周りの商店街をぶらつく。ここらへんはいい街だが、とうとう再開発の魔の手が迫っているらしい。そういえばチェーン店も増えた。なんで最近の若者(ニアリーイコール田舎者)はチェーン店とか小奇麗な駅ビルとか好きなんだろう。中国人じゃあるまいしw

適当に歩いてお花茶屋駅。駅前で太鼓の演奏。なかなか派手だ。一休みしてから香取神社を目指す。駅からはだいぶ離れている。

葛飾区の道はなんとなく世田谷区と似ている。どれも斜めだし、行き止まりも多い。もともとは農地(畑)だったからだろう。スマホで道を確認しながら上千葉香取神社到着。そうそう葛飾区は昔は千葉(下総)だったらしい。

到着はしたがなにもない。露店などないのはともかく、明かりもついていない。なぜ? 他に香取神社があるのか? がここでまちがいないはず。とりあえずまた葛飾のわかりにくい道を駅前の商店街に戻って祭りのポスターを見てみると、なるほど、神社としての祭礼は木曜日に終わっていて、神輿などの行事だけ土日に商店街近辺でおこなっているらしい。あと神社の近くの団地では「堀八まつり」とかいう盆踊りっぽいものもやっていた。もしかすると某学会が強い地域で、「神社色」を薄めようとしているのか、八王子祭りもそんな感じだし・・・ 真相は不明w

本当は久しぶりに北千住駅近辺を散歩するつもりだったが、駅から香取神社まで結構遠かったので散歩終了。お花茶屋駅から電車で千住大橋。「ときわ」でタカベの塩焼きとはまぐりのバタ焼き。どちらも安い(500円程度)。タカベは初めて、なかなかうまい。

記事検索
Recent Comments

livedoor プロフィール
ブログセンター



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

blogram投票ボタン


  • ライブドアブログ