究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

神道

國學院博物館キリシタン展、渋谷から池袋

10月27日の記録。

渋谷まで電車。明治通りを東交番まで。左折して國學院。

国学院キャンパスには大昔、確か模擬試験を受けるために入ったことがあるはずだが当時の面影がまったくない。もっとも昭和の話だから仕方ない。博物館なんて当時もあったっけ、と調べてみたら平成25年の発足。確かにまだ新しい。

キリシタン展ではお経の効果を消すという「経消し」が面白かった。なんとなく神道の穢れの発想に近い。葬儀の後の清めの塩と発想が近い。仏教憎しという点で神道とキリスト教は連携できるのかも。

なにしろ初めてなので常設展もじっくり見物。神道コーナーと考古学コーナー、國學院自体の歴史コーナーがある。神道護摩と皇典講究所の授業科目表が面白かった。五年制で古文、漢文、体操などを学んだらしい。今でも使えそうなカリキュラムだと思うが英語がないのはつらいかな。

見物後は、六本木通りを渡って骨董通り、青山通りから渋谷区役所仮庁舎を経て明治通り。機動隊が集結している。ハロウィンの警戒らしい。渋谷で騒動に巻き込まれてもかなわないので副都心線で池袋。じっくり東口側を探索。若者だらけ。昔はもっとオッサンが多かった。最後は西口「鞍」でサンマやチーズの燻製など。

神習教と桜新町

桜新町近辺の神社のことを書いたので、そろそろ「神習教」についても書いておこう。もっとも中身はよく知らない。 国家神道というか神社本庁管轄の神社ではないはず。かといって怪しい新宗教というわけでもなく、昔から(少なくとも私が生まれてからは)地元と仲良くやっているし、一般人のお参りも可能だ。というか今ではインターネット遥拝すらある。

神習教本部である「桜神宮」は新町(世田谷区新町3-21-3)に存在する。が、桜新町の駅からすぐ近くだし、もともと桜新町は新町だったのだから(私が生まれたときはまだ新町、本籍も新町三丁目だ・・・)、桜新町の神社といっても間違いではない。というかリンク先のホームページに「桜新町にある古式神道の神社です」ど堂々と書いてある。

問題は、この神社がいつから「桜神宮」と名乗るようになったのかだ。やはり子供のころの記憶でアテにならないのだが、昔は「神習教本祠」という看板しかでていなかったような・・・ ただし当時から「さくら幼稚園」という幼稚園を経営しており(今でもちゃんとある、というかかなり立派になった)、「桜」と何かしら縁があったことは間違いない。が、神社の縁起を読んでもそこがわからない。特に「桜」とは関係ない気がする・・・

さらにどうでもいいが、この神社の今の宮司さん、私と同い年だ。子供のころ一回ぐらい会ったことがある気もするんだけど、よく覚えていないw 新町と桜新町では小学校の学区域が違うから、同じ小学校の出ではないのだが、もしかしたら中学校は一緒だったのかな・・・ やっぱり私立に行ったのかな・・・

調べてみたら、去年も一回「神習教」について書いていた。こっちは幼稚園の話と絡めてある。

神習教


追記:
・「本部」ではなく「本祠」だったので修正。
・また教派神道連合会へのリンクも張っておく。


神習教

自宅の近くに神習教本部がある。
http://www.sakura.jingu.net/index.html

ここはちゃんとホームページを持っているし、「インターネット遙拝」というのもできる。私の妹はここの幼稚園(さくら幼稚園)出身だ。

ところで、私自身が通った幼稚園はもうない。園児にローマ字を教えるなどユニークな幼稚園(確か、青い鳥幼稚園だったはず)だったが、園長か副園長かが園児に悪戯するというどうしょうもない不祥事をしでかしてつぶれたはず。

いくらネット上を検索しても見つからないんだよな。まあ大昔のことだけど・・・
記事検索
Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

 
 
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ