究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

神楽坂

1月散歩まとめ

まただいぶ間が・・・

1月10日。浅草演芸ホール新春寄席。そのまま浅草ビアホール。

1月11日。神保町から秋葉原。また神保町に戻って酔の助。

1月17日。池袋からサンシャイン内探索、新大塚を経て大塚。大提灯初体験。

1月24日。改装中の江戸東京博物館見物、電車で飯田橋。久しぶりに神楽坂。若い人が増えた。どうやら東京観光スポットになったらしい。その後また酔の助。

明日からちゃんと書きます・・・

散歩記録:神田古本祭り見物、神楽坂から新宿まで

10月27日の記録。

昨年は神田古本まつりと神田祭が同日に見物できるという異常な年だったが、今年はもちろん神田祭は5月に終わっている。とりあえず九段下から歩いて古本市会場へ。昨年はまだ健在だった「中根速記学校」はすでに更地だ。

古本市は大盛況で、初日のせいか品揃えも多い。別に本を買う予定はなかったのだが、かなり珍しいのを見つけたので衝動買い。大谷光瑞の「食」。グルメ本だ。アマゾンだと3000円なのね、私は500円で買ったw



一通り見物してから水道橋、飯田橋を経てひさしぶりに神楽坂。なんか数年前よりだいぶ賑わっている。もっともメイン通りはチェーン店だらけ。裏に回ればまだまだ面白い店があるのだろうが、そのまま坂を上って大久保通り。そのまま大江戸線沿いに東新宿を経て歌舞伎町。こちらも結構賑わっている。以前は中国人観光客だらけだったはずだが今回はあまり見かけない。日中対立の影響かw

散歩は歌舞伎町で終了。世界の山ちゃん西武新宿二号店。一号店は満席だった。店内に張られたチラシを見ると、すでに大阪にも何軒か出店したらしい。都内だと店員はほとんど中国人だが、大阪だとどうなのだろう・・・

散歩記録:新宿から神楽坂経由で神保町まで

10月4日の記録。

新宿から歌舞伎町を抜け東新宿駅まで。鬼王八幡は通り過ぎただけ。また今度お参りしよう。

明治通りをひたすら歩き、早稲田通りで右折。「水稲荷神社」にお参り。ここも将門伝説と関わりがあるらしい。整理してから記事を書く。

ついでに「穴八幡宮」の古本市にも立ち寄る。工事中のためか、去年より店も本も少ない。ただ、東條英機の孫娘が書いた本が安く売っていたため購入。私は大昔、用賀の東條家に入り込んだことがあるのだから・・・ これも調べて記事にする。

ひたすら早稲田通りを歩いて神楽坂到着。商店街を眺めてから今度は「筑土八幡」へ。確かここには以前、朝鮮新報か朝鮮通信のビルがあったはずだが無くなっている。まあ色々あったのだろう。

「筑土八幡」交差点には何回か着たことがあるのだが、お参りしたのは初めて。以前はその朝鮮ビルが目立ち、参道があることに気がつかなかった。

これで北斗七星型に配置されているという将門関連神社はすべてお参りした。なかなか複雑なのでもうちょっと調査しないと記事にはならない。まあ調査したって一文にもならないのだがw

飯田橋から水道橋まで歩き、喫茶店で休憩。神保町まで歩いて都営線で新宿。その後はまたまた「岐阜屋」でビール。
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ