究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

浦和

2015年12月後半散歩記録

12月12日。埼京線で武蔵浦和。歩いて浦和調神社(つきじんじゃと読むらしい)十二日まち。お化け屋敷は健在。ただ前はさらに見世物小屋があったような。帰りは浦和から池袋。「ふくろ」で蛤鍋。

12月19日。浅草まで地下鉄。羽子板市。あまり混んでいない。その後神保町酔の助。

12月29日。薬研堀納の不動の歳の市。歩いてアメ横。秋葉原まで戻ってからJRで有楽町。Baden Baden。

12月31日。22時過ぎに岩本町。秋葉原界隈は結構まだ人がいる。メイドバーも終夜営業。神田明神は都内の有名神社にしては元旦は空いているはず、と過去の記憶に頼っていたらなんと長蛇の列。ラブライブ効果らしいw

浦和十二日まち見物と尾久駅付近散策

12月12日の記録。

12月6日に王子で行われてた酉の市が埼玉に入り、10日には大宮、12日は浦和で開かれるようだ。不思議な風習だ。せっかくなので訪ねてみた。

新宿から埼京線で赤羽乗り換えで浦和まで。あっという間。山手線、赤羽線と乗り継いでいたころとはスピード感がまったく違う。

駅は工事中のため特に案内はなかったが目指す「調神社」はすぐわかった。といかかなりの人出だ。露店も多い。ゆっくり行列に並んで神社を目指す。

お参りを済ませたが、酉の市のわりには熊手を持っている人が少ないし、熊手を売る店がなかなか見つからない。酉の市ではないのかな、と思ったがちゃんと熊手は売っていた。

熊手の店は浅草や新宿の酉の市に比べれば少ないが、食べ物の露店数はかなり多い。さらに見世物小屋とお化け屋敷まである。入ってみようかと思ったが、見世物小屋は以前花園神社でみたし、お化け屋敷は子供向けのようだったのでそのまま引き返す。

帰りはさらに混んでいて歩くのが困難。行きの倍は時間をかけて駅まで戻る。

JRに乗って、今度は尾久駅で下車。この駅で降りるのは初めて。三河島駅まで散歩して今度は常磐線で北千住。もちろん北千住で飲むところはは決まっている・・・
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ