究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

武蔵小杉

清正公、鐵砲洲稲荷、くらやみ祭り

5月4日。白金高輪まで電車。清正公はすぐ近くだが昨年となにか雰囲気が違う。門前近くの中華料理屋がなくなっている。調べてみると、昨年の3月29日で閉店したらしい。昨年の3月末だから、清正公大祭のときには既に閉店していたはずだが気づかなったのか・・・ もっとも建物はその時はまだ残っていて単に休みだと誤解したのかも。とにかく今は更地だ。

お祭り自体は昨年とあまり変わらない。やはり太鼓は鳴っているのに題目は聞こえない。まさか題目嫌いな人への配慮というわけではないと思うのだが?

露店を見物しつつ東海大学、高輪消防署二本榎出張所を経て泉岳寺駅。都営浅草で東銀座まで。

歌舞伎座脇から適当に歩いて鐵砲洲稲荷神社例大祭。中央大橋を渡って佃島。途中に東京タワーとスカイツリーの両方を眺めることができるポイントがある。もんじゃストリートは相変わらず大混雑。月島駅から地下鉄を乗り継いて神保町。「酔の助」。

5月5日。府中まで電車。くらやみ祭りは何回か見物したことがあるが、メインである5日はたぶんはじめて。正面から神社にはすぐに入れそうもないので、府中本町駅から競馬場入り口。楽しそうに飲んで談笑している人たちいる。競馬はやったことがないが一発あててあそこで飲むのは楽しそうだ。

神社の裏側の入り口からは内部に入れる。もっとも参道は既に立入禁止なのでぎりぎりまで近づいてからお神輿見物。五の宮までは我慢したが疲れたし、府中駅に戻るもの大変そうなのでまた府中本町駅。南武線で武蔵小杉。お目当ての居酒屋は連休のせいか休業中。仕方がないのでどこでもいいやと入ったのが羊焼き肉の「羊肉酒場 悟大」。庄や系列チェーン店らしいが初体験。思ったよりうまい。ジンギスカン鍋ではなく網焼きだから余計な油が落ちるからかも。

散歩記録:油面地蔵通り商店街と武蔵小杉駅周辺

11月27日の記録。

渋谷駅から散歩開始。

まずは桜丘町のヤギ。私はしょっちゅう触っているが、連れはまだなので立ち寄る。寒いらしく二匹くっつき合って寝ていたが、シロヤギ(さくらちゃん)のほうは私に気が付き(もう友達になっているのでw)、起きだして近づいてくれた。連れが角に触っても怒らない。人懐っこいヤギである。

その後代官山を経て駒沢通り。祐天寺を超えたあたりで左折すれば油面だろうと適当に歩くと、中央中通り商店街のほうに出てしまった。一旦目黒通りに出て山手通り付近まで戻って今度はちゃんと油面地蔵通り商店街。駅から離れているせいか、かなり寂しい商店街だ。競馬場があったころは賑わっていたのだろうか・・・

祐天寺駅前の喫茶店で休憩後東横線乗車。自由が丘で降りるつもりだったが、武蔵小杉駅にずっとご無沙汰していることを急に思い出し、多摩川を渡ることにした。

以前、たぶん10年以上前、武蔵小杉駅近辺を歩いたときには、駅周辺に個人営業の飲食店がたくさんあった。が、再開発でまるっきり変わってしまったようだ。とりあえず駅周辺を一回り。東横病院の周りには昔からの飲み屋が残っているようだが、あとはマンションと大規模店ばかり。昔より若者や子連れ夫婦が増えて賑わってはいるが、私にとってはつまらない街になってしまった。溝の口駅近辺が再開発でつまらなくなったのと同じだ。もっとも溝の口の再開発は相当前に終了しているが・・・

駅に戻ると、ちょうど都営三田線直通の目黒線に乗れたので神保町まで。今週開店したばかりの「世界の山ちゃん神保町店」を目指す。が、満席で追い返される。仕方がないので靖国通りをちょっと歩いて「須田町店」。さすがにこっちには空席があるが繁盛している。不況とはいえ、儲かっている店もある・・・
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ