究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

桜丘町

渋谷区文化総合センター大和田に関するつぶやき

旧渋谷区立大和田小学校の工事、だいぶ長いことかかっていた(特に内装工事)が最近完成した。私はまだ中に入っていないが、そこそこ利用者を見かけるようになった。そんなある日のできごと。



そういえば、以前プラネタリウムについても書いていた。

プラネタリウムの思い出


家から歩いて10分で世田谷のプラネタリウム、職場から歩いて5分で渋谷のプラネタリウムに行かれるわけだ。せっかくだから覗いてみるか・・・

桜丘町、鶯谷町、猿楽町

東京の「渋谷」に勤めている人でも。「桜丘町鶯谷町猿楽町」という地名は知らない人が多いと思う。

地名の由来等はリンク先を参照して欲しい。今日の主題ではない。私が問題にしたいのは、これらの地名がみな紛らわしいことだ。

まず、「桜丘町」。世田谷区にも「桜丘」という地域がある。世田谷区桜丘から渋谷区桜丘町に通っている人もいるかもしれない。ややこしいことに、世田谷区には「日大桜丘高校」という高校もある。この高校の所在地は桜丘ではなく「桜上水」だ。もっとも正式名称は「日大櫻丘高等学校」らしい。

そして「鶯谷町」。東京で「鶯谷」といえばあれだけどw、渋谷区の鶯谷町は健全な住宅地なので誤解なきよう・・・ 

最後に、「猿楽町」。千代田区にも同じ地名がある。やはり渋谷は住宅地、千代田区は商業地だし、明大もあるから、やはり「猿楽町から猿楽町へ」通勤、通学している人もいるかも・・・

紛らわしい、あるいは同一の地名でも、距離が離れている場合にはそれほど問題はない。東京と大阪の「日本橋」や「京橋」を混同する人は滅多にいないだろう。毎週東京大阪間を行き来しているビジネスマンなら、たまには間違えてしまうのかもしれないがw

「桜丘町、鶯谷町、猿楽町」の場合、紛らわしい相手先までそう遠くない。電車でもタクシーでも一時間以内の距離だ。特に渋谷の桜丘町と世田谷の桜丘は共に住宅地だし、道もややこしいからタクシー泣かせかも。もちろん長く住んでいる住人なら、ちゃんと「渋谷の」とか「世田谷の」と断るだろうが、乗客もドライバーも上京したてだったりすると悲惨だ・・・

ところで、「桜丘町」には世界的に有名な企業の日本拠点がある。ある特殊な団体が抗議活動をしている動画があるのでご紹介。別に私はこの団体の構成員でもシンパでもないではないが、当日目撃したのでw googleを批判していながらyoutubeを使っているのはご愛嬌。


桜と私

前にも書いたが、私は世田谷区桜新町生まれ。いまだに桜新町に住んでいる。もっとも一時期は大阪の桜川に住んでいた。そしてたった今は渋谷区桜丘町でこの記事を書いている。

小学校は「桜町小学校」。世田谷には園芸農家が多かったせいだろうが、入学時には桜の苗木をもらった。当時は小さな庭がある家に住んでいたので、その苗木を親が植えてくれた。小学校を卒業するころにはちょうど花が咲くようになった。今でも苗木を配っているのだろうか? そんなものをもらっても困ってしまう家庭の方が多いと思うが・・・

個人的には桜がそれほど好きなわけではない。が、散歩は大好きだから、都内の桜(花見)の名所を訪れたことはある。千鳥ヶ淵、靖国神社、隅田川沿い、上野公園、井の頭公園、目黒川沿い等々力渓谷近辺などなど。どこの桜も美しいが、私が一番好きなのは・・・

それは桜新町の八重桜。桜新町なんて商店街はショボいし住人にもろくなヤツがいないが(私がその筆頭だw)、この八重桜にはそれなりの価値がある。昼間見ても別にどうってことないのだが、深夜に見ると・・・ 妖しい美しさ。怨念とか狂気を感じるほどに・・・

渋谷桜丘町のジョイタイム

25年以上前、代ゼミの浪人生だったころ、代々木の喫茶店「ジョイタイム」を愛用していた。友達とつるんでいくことが多かったが、たまに一人で入店しても、誰かしら知人(予備校の同級生)が見つかったものだ。しかしその「代々木店」はもう存在しないらしい。今の浪人生は喫茶店でダベったりしないのか・・・

ジョイタイムといえば、自宅がある世田谷区桜新町の近くにも一時期「深沢店」が存在していた。もっとも一回も入店したことはない。行ってみようと思っているうちに閉店してしまったはず。

そして桜丘町に現存する「渋谷店」。平日はほぼ毎日近くを歩いているにも関わらず敬遠していた。理由は特にないのだが、ジョイタイムは若者向けの店だから、オッサンがひとりで入店したら迷惑だろうと思って遠慮していたのかもしれない。

それなのになぜか先週、急にジョイタイムに入ってみたくなり、意を決してドアを開けてみた。見渡すとけっこうオッサンもいる。それどころか爺さん、婆さんも利用しているようだ。昔の代々木店とは雰囲気が違う。これなら私が一人で利用しても大丈夫だw

昔の代々木店と雰囲気は違うが、値段は当時とそんなに変わらない。これが平成デフレの恐ろしさだ。缶コーヒーが120円なのに、ちゃんと座って150円でコーヒーが飲めるのはありがたい。もっとも味は値段相当だw

で、一曲。喫茶店といえば学生街、学生街の喫茶店といえばこれだろう・・・

桜丘町の猫

c1324112.jpg普通の人はブログに写真を貼り付けるようなので真似してみた。
が、まず写真がうまく取れないし、携帯で文章を入力するのも非常につらい。みんなよくやってるな・・・

まあ、この猫は大人しく被写体になってくれたがw
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ