究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

日暮里

根津神社から古書ドリス

4月28日の記録。

東大前駅まで地下鉄。そのまま根津神社。ツツジは咲いているがどうやらだいぶ前に盛りを過ぎたらしい。がそれなりに咲いているし見物客も多い。

不忍通りから千駄木を経て谷中銀座。猫は一匹だけ。

日暮里駅近くのルノアールで休憩してから線路を渡ってから線路沿いに南へ。いつの間にかアパホテルができているし歩行者も増えた。

鶯谷駅からちょっとのところの「古書ドリス」。森下にあったころは二回ほど行ったことがあるが移転後ははじめて。下の二冊を購入。




「世界の幻想文学」の方は前に読んだことがる、というか持っている気がするのだが版が違うようなので購入。「澁澤龍彦の少年世界」はそういう本があるらしいということは知っていたが実物ははじめて。

鶯谷駅南口周辺の飲み屋街を見物してからホテル街を抜ける。なぜか男同士のカップルやグループが目立つ。ここってそういうとこだったっけ? 北口から山手線で高田馬場。駅前の「だるま」初体験。

柴又八幡神社祭礼と谷中近辺

10月10日の記録。

柴又は久しぶり。確か二年前に柴又宵まつり」を見物して以来。その時に発見した「柴又八幡」でちょっと面白いお祭りをやっているそうなので行ってみた。

京成高砂駅から歩くつもりだったが、駅の構造がいつの間にか変化し、金町線のホームが高架になっている。せっかくなので金町線(これも久しぶり)に乗ってみる。

神社は駅のすぐそば。確かにお祭りをやっているがなぜか夜店が一軒も出ていない。「柴又」といえば「寅さん」、「寅さん」といえば「テキ屋」のはずなのに・・・ 清潔病患者が多い東京西部ならともかく、なんで柴又で・・・

お参りしてから、「獅子舞」を見物。お正月によく目にする獅子舞とはちょっと違う。風情はあるが、見物客は少ない。地元の秘祭なのかもしれない。

時刻は18時を過ぎたが、せっかくなので帝釈天(題経寺)にもよってみる。お堂は閉まっているが何人か参拝客がいる。参道の土産物屋や食堂はほとんどが閉店している。昼、いや午前中がかきいれ時なのだろう。老人は朝が早いから・・・

高砂駅までは徒歩。駅の周りを散策してから京成で上野を目指す。はじめて「アクセス特急」に乗る。新型車両で、液晶ディスプレイにはハングルによる駅名も表示される。なるほど「日暮里」は「닛포리」と書くのか、などと眺めているうちに電車が急停車。別の電車が人身事故を起こしたらしい。

本来は上野行きだが、日暮里駅で停車したまま動かない。仕方がないので駅を出て、谷中近辺を散歩。猫は二匹しか発見できなかった。「よみせ通り」を隅から隅まで歩いてから根津駅まで。根津から千代田線で表参道。久しぶりに「中西」でうどんすき。あいかわらず生ビールが210円。安い・・・


散歩記録:小川町から三ノ輪まで

9月18日の記録。

都営新宿線「小川町」から散歩開始。まずは秋葉原へ。

DQ9の英語版、もしかしたらamazonより安く買えるかもしれないと思い、メッセサンオーの輸入ゲーム店(カオス館)を目指すが、店自体が無くなっている! 調べてみたら、今年の5月に閉店したらしい。情弱の年寄りはこれだからw 

秋葉原はやたら混んでいる。やはり連休だと上京する人たちが多いようだ。そのまま中央通りを上野まで。

上野からは不忍通り。千駄木に近づくとお神輿があちこちで担がれている。お神輿にはさほど興味がないので。そのまま根津神社へ。

お参りしてから露店見物はいつもと同じパターン。特に珍しい屋台は発見できなかった。

ここらへんまできたら、「谷中の野良猫」と戯れないわけにはいかない。数匹発見。写真を撮ろうとしたが暗すぎて失敗。猫は人間やカメラ(携帯)に慣れているようで、至近距離でレンズを向けても逃げないんだけどw

日暮里からは、「常磐線沿線のコリアタウン」(何回か散策したことがある)を目指して歩き始めるも、道がよくわからない・・・ 適当に歩いて三ノ輪に到着。

ここで散歩は終了。日比谷線でまた秋葉原に戻り、久しぶりに昭和通り沿いの「世界の山ちゃん」。が、満員・・・ どうやら「アキバの帰りに手羽先」というルートが確立したらしいw 20分ほど待たされてからビールと手羽先。それなりに美味くて安いところはみんな見逃さないようだ、当たり前か・・・

記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ