究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

府中

清正公、鐵砲洲稲荷、くらやみ祭り

5月4日。白金高輪まで電車。清正公はすぐ近くだが昨年となにか雰囲気が違う。門前近くの中華料理屋がなくなっている。調べてみると、昨年の3月29日で閉店したらしい。昨年の3月末だから、清正公大祭のときには既に閉店していたはずだが気づかなったのか・・・ もっとも建物はその時はまだ残っていて単に休みだと誤解したのかも。とにかく今は更地だ。

お祭り自体は昨年とあまり変わらない。やはり太鼓は鳴っているのに題目は聞こえない。まさか題目嫌いな人への配慮というわけではないと思うのだが?

露店を見物しつつ東海大学、高輪消防署二本榎出張所を経て泉岳寺駅。都営浅草で東銀座まで。

歌舞伎座脇から適当に歩いて鐵砲洲稲荷神社例大祭。中央大橋を渡って佃島。途中に東京タワーとスカイツリーの両方を眺めることができるポイントがある。もんじゃストリートは相変わらず大混雑。月島駅から地下鉄を乗り継いて神保町。「酔の助」。

5月5日。府中まで電車。くらやみ祭りは何回か見物したことがあるが、メインである5日はたぶんはじめて。正面から神社にはすぐに入れそうもないので、府中本町駅から競馬場入り口。楽しそうに飲んで談笑している人たちいる。競馬はやったことがないが一発あててあそこで飲むのは楽しそうだ。

神社の裏側の入り口からは内部に入れる。もっとも参道は既に立入禁止なのでぎりぎりまで近づいてからお神輿見物。五の宮までは我慢したが疲れたし、府中駅に戻るもの大変そうなのでまた府中本町駅。南武線で武蔵小杉。お目当ての居酒屋は連休のせいか休業中。仕方がないのでどこでもいいやと入ったのが羊焼き肉の「羊肉酒場 悟大」。庄や系列チェーン店らしいが初体験。思ったよりうまい。ジンギスカン鍋ではなく網焼きだから余計な油が落ちるからかも。

2018年1月散歩記録

1月13日。池袋まで電車。サンシャインシティ。ひさしぶりだが飲食店はあまり変わっていない。ナンジャタウンは規模が縮小したせいか前より活気がない気もする。駅に戻って東武の地下食品売り場を覗いてからJRで大塚。「鳥忠」で鶏肉の肉豆腐、煮込みなど。

1月20日。品川までJR。京急乗り換えで大師前。久しぶりに川崎大師。縁日は21日だが前日夜に「宵大師」なる行事があるらしい。確かに夜の割には参拝客が多い。19時にやたらたくさんのお坊さんたち(20人以上)が正面から本堂に入って護摩祈祷開始。が、なかなか火は付かない。20分ほど経って、護摩の火が燃え上がるのを確認してから駅に戻る。川崎まで京急。寒いので地下街だけ散策してから京浜東北で神田。「世界の山ちゃん」須田町店。

1月27日。上野まで電車。平成館の「仁和寺と御室派のみほとけ」展と表慶館の「アラビアの道」展を見物。どちらも面白いが、アラビアの道展は一般料金だけで見物できるからどちらか選ぶならアラビアの方がおすすめ。表慶館自体も一見の価値がある。十分満足して地下鉄で浅草。「浅草ビアホール」。

2月3日。府中まで電車。2年ぶりぐらいで大國魂神社。神社の節分は実は初めて。横綱稀勢の里、府中市長、ミス府中、菅直人、福男、福女とも大勢。参拝客も相当なので、豆は無理かな、と思ったが一つだけ拾えた。バスで国分寺。大学通りを覗いてからJRで立川。「立川ビアホール 」初体験。つまみの味はなかなかよいが国産ビールしか置いていないのが残念。もっとも生でなければあったのかな?

くらやみ祭と国分寺

5月3日の記録。

府中まで京王線。駅前の再開発が始まった。もう府中は終わりだw 大國魂神社くらやみ祭見物。

府中にいてもしょうがないので、バスで国分寺駅。なんとこちらも再開発。もう東京自体終わりなのかもw

まだかろうじて残っている商店街をぶらついてから、今度は西武線を乗り継いて江古田。ここはまだ大丈夫だが時間の問題か・・・ いつものようにお志ど里。ひらめと豚肉の柳川。

散歩記録:大國魂神社くらやみ祭り見物、その後国分寺駅界隈

5月4日の記録。

府中大國魂神社の「くらやみ祭」は、数年前(ブログをつけ始める前)に一度見物したことがある。その時はメインイベントである「御輿渡御」を見たから5月5日だったのだろう。今回は4日。また違う雰囲気のはず。

府中までは普通に京王線。雨がまだ降っているが結構賑わっているが、以前見物したときよりは人が少ない。やはり5日がメインなのだろう。

駅を出ると超低音の太鼓の音。音というか単なる振動だ。なにせ馬鹿でかい太鼓だから。大きな和太鼓は数ヘルツぐらいの低音(?)も出る、という話を聞いたことがあるが、実際はどうなのだろう?

太鼓を見物してから境内へ。まずはお参り。あまり列は長くない。その後露店を一回り。植木市もやっている。なぜか「さつまいもの葉」がたくさん売られている。ここらへんだとよく食べるのかな・・・

18時には花火が上がって、山車の巡行開始。かなりの数の山車だ。どの山車にも子供が乗って舞っている。まだ小学生にもなっていない幼児だと思うが、みんなうまい。かなり練習したのだろう。

旧甲州街道やけやき並木を歩きながらゆっくり山車見物。1時間半は見ていたはず。その後喫茶店で休憩。

駅前にちょうど国分寺駅行きのバスが止まっていたので乗ってみる。府中だと後ろ乗りなのね・・・ 国分寺にはすぐに到着。国分寺は久しぶり。

北口の商店街を散策。けっこう面白い店もあっていい商店街だが、どうやら再開発が予定されているらしい。あと数年の命かも。

北口をだいぶ離れた飲み屋に、はっぴ姿のおじさんたちが。おそらく府中からこちらに逃げてきたのだろう。府中駅前にはチェーン店しかないから・・・ 気持ちはわかる。「おじさん」という生き物は小奇麗なチェーン店がきらいなのだw

中央線で吉祥寺に出て、ひさしぶりに「戎」。おそらく一年ぶり。昨年は震災の影響でハーフ・アンド・ハーフが品切れだった(黒ビールが生産中止になった時期がある)が、今年は大丈夫。スペイン盛り合わせとアンチョビピザ、たけのこの炭火焼。たけのこはセシウム入りかもしれないが、年寄りには関係ないw

散歩記録:谷保天満宮祭礼と立川見物

9月24日の記録。

谷保天満宮の祭礼は昨年も見物したのだが、府中から甲州街道を歩いてしまった。今年は旧甲州街道を試す。

府中駅で今年は南口。大國魂神社の秋季大祭は来週らしい。神社は素通りしてのんびり旧甲州街道を下る。

そのまま甲州街道に合流。ひたすら歩いて谷保天満宮に到着。なんとなく去年より人出が少ない。連休のなか日だからかな・・・ 

去年はお参り後、国立駅まで歩いたが、どうも一橋大付近の街並みが好きではないので、今年は立川を目指す。神社から一時間ほどで立川駅に到着。一旦休憩。

南北通路を抜けて立川駅北口。「柳通り」というところをぶらついていると、変わった店を発見。「5つのパンと2匹の魚」。聖書の話を飲み屋の看板(しかもかなり派手)にしていいのかよw、と思って調べてみたら、本当にクリスチャンの人が経営しているようだ。宗教は違うが、四谷の「坊主バー」と同じような趣旨らしい・・・

さらにこのあたりをぶらついていると、とあるオフィスビルの看板に「アリスソフト」、「チャンピオンソフト」とある。確かそれってエロゲーメーカーじゃ、と思って調べてみるとビンゴ。立川は実はオタクの街だと聞いてはいたが、なるほどね・・・


記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ