究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

大日盆

阿倍野橋と伏見稲荷と修学院紅葉音頭

8月27日の記録。

京都駅からJRで山崎。日本の製油発祥といわれる離宮八幡宮に立ち寄ってから阪急。大阪地下鉄乗り入れ電車だったのでそのまま動物園前まで。暑いので御堂筋線に乗り換えて天王寺。

あべのハルカスをうろつくつもりだったが単に高いビルというだけで面白みがない。昔はここから飛田方面へ飲み屋があったはず、と西側へ向かうとこちらも再開発。ハルカス側(近鉄駅側)だけの再開発だと思っていた。

ちなみに昔あった飲み屋街とは「あべの銀座商店街」のこと。私が大阪に住んでいたころはときどき通った。そのころはそれなりに賑わっていたのに、2008年の段階だこうだったとは・・・



これでは阿倍野を歩いても仕方ないし、暑いのでJRに乗って、王子、奈良、と乗り継ぐ。奈良線に乗りかえると英語で「伏見稲荷は稲荷駅で降りてください」みたいなアナウンス。そういえば伏見稲荷は外人観光客で大変らしい。そうこうするうち、途中から乗ってきたブラジル人(?)もこの電車は稲荷に行くのかと訪ねている。のでこちらも稲荷で降りてみた。

伏見稲荷は三年ぶりぐらいか。前は工事中だったはず。すっかり参道が新しくきれいになって幟がたくさん。「さん年連続外国人観光客人気ナンバーワン」と書いてある。確かに外国人が多い。もっとも四条あたりでも日本語より中国語のほうがよく耳にはいるから当然なのかも。

稲荷駅から京阪藤森駅までは歩いて、また出町柳。叡山電車で一乗寺駅。駅前の商店街を見てから修学院方面へ。今日はここで紅葉音頭なる盆踊りがあるらしい。よくわからないがどうやら大日盆の盆踊りらしい。適当にあるいていたら会場到着。ただ地元の人ばかりで観光客はほぼいない模様。

19時半に踊りが開始。最初に短い音頭が一つあって、次が「題目踊り」。確かに南妙法蓮華経なのだが、日蓮宗系の勇ましい感じはまったくない。こればっかりは言葉で説明しづらいので久しぶりに動画をとってみた。



続けて紅葉踊りで一旦休憩。まだ続くらしいが時間も遅くなったのでまた叡山電車と京阪で四条。

大日盆、新世界、比叡山横川


8月28日。新幹線で京都。近鉄で桃山御陵前。牛すじうどんを食べてから油長で土産用の酒。京都駅に戻ってホテルチェックイン。

今回は念願の大日盆見物深泥池付近ではまだやっているらしいという情報を得たので。

地下鉄で北山駅。北に歩いて深泥池。みどろというよりミドリだ。観光地ではないようで公園もなにもない。
周辺を適当にさまよっていると確かに大日盆の準備をしている。19時開始らしいので時間を潰してから再訪。大雨が降ってきた。

雨の中、お坊さんと地元の老人(男中心)たちが鉦をたたきながら読経。読経というより歌に近い。よく聞き取れないがたまに「南無阿弥陀仏」らしき念仏も混じっている。六斎念仏というものらしい。かなり神秘的だ。

ひととおり見物してから四条周辺へ戻って、「よしみ」で鱧しゃぶ。松茸入でも3000円だから格安だ。親父さんいわく、「中国の丹波」吉林省産とのことw 


8月29日。今回は大日盆以外の予定を組んでいない。とりあえずホテルをでてバスに乗って一条戻り橋。晴明神社によってから北野天満宮。関西の夏にしてはあまり暑くない。

ふと思いついてバスで西院。阪急から堺筋線乗り入れの準急で恵美須町。新世界がだいぶ華やかになっている。外国人観光客も多いし日本人の若い女性も目立つ。私が大阪に住んでいた20年前とはまったく別世界だw 蕎麦屋で昼食後、日本橋電気街をぶらついて地下鉄で梅田。駅前ビルの地下が健在なのを確認してまた阪急で京都。

8月30日。とりあえず大原にいくつもりで出町柳。昼食後に叡山電車。まだ時間があるので比叡山。京都側から比叡山は久しぶり。ケーブル、ロープウェイと乗り継いで山頂バスターミナル。

東塔あたりは何回も来たことがあるので、今回は未訪問の横川(よかわ)へ。シャトルバスの終点だ。もっともシャトルバスも初体験。いつも根本中堂まで歩くから・・・

横川は訪れる人も少なくいい感じ。深大寺でお馴染みの元三大師に挨拶してからバスで東塔。こんどじゃ坂本へのケーブル。坂本からは京阪+地下鉄で東山。山沿いに歩いてから川をわたって一気に京都駅まで徒歩。新幹線で帰京。



記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ