究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

名古屋

青蓮院、多賀大社、華厳寺

3月3日。昼過ぎの新幹線で京都。駅構内の松葉で天せいろ。

駅近くのホテルチェックイン後はひらすら歩いて川を渡って国立博物館見物後、東山の花灯篭。レンタル着物利用者が目立つ。外国人だけでなく日本人も。清水寺、八坂神社と巡って青蓮院。三条通りから坂狩場に出て「よしみ」。鮭となんとかネギの味噌鍋。青ネギではなく下仁田ネギみたいな太いネギだけど別の名前だった。

3月4日。JRで彦根。前彦根にきたとき見つけた蕎麦屋「つる亀庵」で牛すじ煮込みつけそば。お城は割愛して近江鉄道に乗るつもりで駅に戻ると次は一時間後。「多賀大社までならバスがあるはず」と調べてみたらちょうと発車10分前。ブリジストンやらパナソニックやらでかい工場群を抜けて多賀大社。

帰りは近江鉄道。所要時間も料金もバスとあまり変わらない。ただ鉄道だと乗換えがある。JRで米原乗り換えで大垣。昔はよく大垣夜行を利用したが、昼間の大垣駅は初めて。関ヶ原を超えたせいか駅前チェーン店が東京と同じ。チェックイン後あちこちぶらついてから「海彦・山彦」。明宝ハムステーキなど。

3月5日。樽見鉄道初体験。「モレラ岐阜」ってなんだ、と思っていたら巨大なショッピングモール。ショッピングモールは嫌いなのだがこれほどでかいとさすがにちょっと見てみたい。が、電車もとい列車の本数が限られているのでそのまま谷汲口駅。バスで華厳寺入り口。

追記1。今調べてみると、モレラ岐阜はそれほどでかくはないようだ。ただ周りに何もないからやたら巨大に思えたのかも。イオンレイクタウンは本当に巨大らしいが、イオンは嫌いなので絶対に行かないw

追記2。私が行ったことがあるショッピングモールはららぽーと船橋と豊洲ぐらいだが、ららぽーと船橋は名前が変わったらしい。こちらももう行かないだろうからどうでもいいw


花見のときは賑わうのだろうが今は空いている参道の途中の蕎麦屋で山菜そば。大垣駅のコインロッカーは埋まっていたのでここで荷物を預かってもらう。本堂では「戒壇めぐり」。今まで体験した戒壇と比較すると、善光寺<華厳寺<玉川大師、の順に怖い。要は他人が大勢いるかどうかで決まるのだろう。

奥の院まで行くのは大変そうなので、他のお堂を見てからまた参道を戻る。帰りのバスまで時間があるので廃線になった谷汲駅と、併設されている村立昆虫館見物。「ギフチョウ」がここらにいるとはしらなかった。

行きのルートで大垣に戻る。まだ時間があるので、名古屋に出て地下鉄で大須。一周りしてから戻って新幹線で帰京。「ローカル鉄道とバス」と「新幹線と地下鉄」の効率の差が酷すぎる・・・

近鉄で名古屋、大須の縁日

8月28日の記録。

ホテルチェックアウト後、近鉄急行。西大寺で乗り換えて大和八木。

鈍行で榛原。乗り継いで名張。この間は鄙びていていい。特急で通過したことは何度かあるが、各駅だとゆっくり見物できる。

名張から先はだんだん開けてきて景色もそれほどおもしろくないし、時間がかかるので特急に乗り換えて名古屋。地下鉄で大須観音駅。

大須はこれが三度目ぐらい。前より賑わっている。毎月28日は縁日らしく、あちこちに露店も出ている。

大須観音、便所の神様烏枢沙摩明王殿、リニューアルした大須演芸場と見物してから商店街見物。万松寺前でもちつきの準備。なるほどここのお不動様の縁日なのか。万松寺で従業員募集のポスターを見つける。坊主まで募集している。ホームページもあった。ずいぶんさばけたお寺のようだw

さらに歩いていると、女この歌声とオタクの野太い声。OSUとかいう地元のアイドルグループのライブらしい。正式にはOS☆Uなのか。そういえばOS/2とかOS-9はどうなったのだろう・・・

地下鉄で名古屋駅に戻って、地下街見物後東京へ。今回はやたらと電車に乗っていたのであまり暑さを感じなかった。

二泊三日で京、大阪、名古屋散歩:その8「大須」

二泊三日で京、大阪、名古屋散歩:その7「草津線」の続き。8月23日の記録。もうこれで終わりにする。

というわけで「大須」にやってきた。「秋葉原物語」で書いたように、私は秋葉原も日本橋も好きなのだが、名古屋の電気街には行ったことがなかった。これで日本三大電気街を制覇したことになる。

ところが、「大須」は面白いところで、地下鉄の「大須観音駅」が最寄り駅の一つであることからわかるように、東京の浅草のような門前町でもあり、ファッション街でもあり、そしてちゃんと電子部品も売っている街だ。だからとりあえず観音様にお参りし、門前のきしめん屋でまた遅い昼飯(ずばり「きしめん」)を食べてからアーケード街を歩いた。ちょっといくと寄席というが演芸場もあり、その先には「烏枢瑟摩(うすさま)明王」も祭られている。浅草や巣鴨の雰囲気だ。ただ洋服屋には若者向けと年寄り向けの商品が仲良く並べてあるのは初めてみた。

とりあえずぐるっと回った。確かに電気街もあった。規模こそ小さいが、ツボはちゃんと抑えてある。メイド喫茶もある。ただ、街を歩く若い女の子は「オタク」ではない。普通に衣料品のショッピングや食事をしにきているらしい。オタクもいるケバイおねーさんも80過ぎのおばあさんもみんな仲良く「大須」を楽しんでいるようだ。これはなかなかいい雰囲気だ。

2時間ほど散策して、名古屋駅に戻ってまた地下街を歩く。大阪や名古屋の地下街は楽しい。なんで東京の地下街は貧弱なんだろう。

午後九時を過ぎてから、駅弁を買って新幹線に乗り込む。新幹線はやはり速すぎる。リニアができたら、23時ごろまで飲んでから東京に戻れるようになるのだろうか。いつごろになるのか、そもそもそれまで生きていられるのか分からないけど・・・

モバイル投稿テスト

二泊三日で、京都、大阪見物。帰りに名古屋も散歩してくる予定。
PCは持って行かないので、とりあえず携帯から投稿テスト。大丈夫そうだ。

携帯入力は得意でないので、とりあえずタイトルと写真だけ投稿するつもり。

実際の記録はこちら




記事検索
Recent Comments

livedoor プロフィール
ブログセンター



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

blogram投票ボタン


  • ライブドアブログ