究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

十条

世田谷区内商店街、六義園紅葉

11月19日。久しぶりに区内商店街めぐり。下高井戸から経堂、宮の坂から世田谷通り、そのまま三軒茶屋茶沢通りから太子堂、下の谷商店街、淡島通りから渋谷。散歩終了。多古菊で鍋。

11月26日。バンド練習で散歩休み。

12月3日。駒込まで電車。霜降銀座、染井銀座、西ケ原の各商店街を眺めてから駒込駅に戻り、南側も一周襟してから六義園ライトアップ。山手線で田端、京浜東北に乗り換えて東十条。商店街を抜けて十条。斎藤酒場。この前はたまたま土曜が休みだった模様。

3月後半から4月までの散歩記録

またまた間が・・・

記憶をたどるので逆から。

4月11日。二子玉川から旧大山道の商店街を抜けて玉川大師、瀬田。上野毛を経て等々力。大井町線で大井町。駅周辺探索後新橋。有楽町ででBaden Baden。

4月4日。池袋から明治通りをひたすら歩いて飛鳥山。ソメイヨシノはもう終わり。王子から東十条。十条で斎藤酒場。

3月28日。花見日和なので渋谷から代官山経由で中目黒。何年かぶりの目黒川の桜。なんか中国語もよく耳にするし白人も多い。どの店も混んでいるので渋谷へ戻って山形で芋煮など。

3月21日。ちょっと記憶が怪しい。確か中野で久しぶりにホームセンターを覗いてからブロードウェイ。だとすればその後バスで野方。駅周辺を回って環七経由で江古田。たぶんあってるはず・・・

赤羽、王子、十条散策

1月31日の記録。

埼京線で久しぶりに赤羽。エキナカが大宮駅と似ている。駅周辺を一周りしてから旧街道らしい商店街を抜けて南北線志茂駅まで。寒いので乗車して王子駅。ここでも駅周辺探索。

せっかくなので都電で早稲田あたりに出て老舗居酒屋でも、と思ったが、どうやら早稲田大学関係者以外の客は冷遇されるらしい。ネットの噂だから本当かどうか怪しいがあり得る話。村意識が強いから・・・

のでJRで東十条。演芸場通りのパレスチナ料理店が若い女性で混んでいる。まさかイスラム国入国希望者ではあるまいが。

十条ではもちろん斉藤酒場。ここも地元の常連客のための店だが、店のおばさんも常連客もよそ者に親切。早稲田より都会だw


2014年5月の散歩記録

また間が・・・

5月17日。浅草まで地下鉄。三社祭見物。その後三ノ輪橋まで歩いて都電で王子駅。JRで東十条に出て、商店街を十条へ。久しぶりに斎藤酒場。

5月24日。バンド練習。

5月31日。馬喰横山まで地下鉄。浅草橋の銀杏岡八幡神社(いちょうがおか)祭礼見物。その後秋葉原へ。JRで有楽町へ出てBaden Baden。4月からメニューが変わって、私の好きなシュバイネブラーテンや豚ロースのバルサミコソースがけがなくなってしまったためか、以前ほど通っていない。一時期は毎週のように出没していたのに・・・

散歩記録:水稲荷神社の富士山山開きと十条の富士山再挑戦

7月15日の記録。

暑いからどこに行こうか迷ったが、まずは昨年も登った高田富士(水稲荷神社)。なにせ年に2日しか登れないから行くなら今日だ。

高田馬場までは電車。連休の中日だというのに早稲田通りは混んでいる。なにか大学で催し物でもあるのだろう。とりあえずとある宗教団体がビラを配っている。東大や早大は重要拠点らしい。昔のオウムと一緒だw

水稲荷神社到着。お稲荷さんにお参りしてからさっそく登山。といっても山頂まで1分もかからない。やたらと消防車のサイレンがうるさい。山頂から覗いてみると10台以上の消防車が通りの向こう側のマンションに集結している。

下山してそのマンションの前に行ってみると、もう消火は終わったらしく、多少煙の匂いが残っている程度。そのまま都電の早稲田駅まで歩き、今度は先々週混んでいて登れなかった十条の冨士神社を目指す。こちらは一年中登れるらしい。

都電で王子駅。王子から東十条までは京浜東北線の西側のくねくねした道を歩く。無事富士神社到着。

先々週はあれほど混んでいたのに、今日は誰もいない。さっそく富士山頂を目指す。低い。高田富士の半分もないかも。不思議なもので空いていると余計狭く低く感じる。先々週は結構大きくて高い山に思えたのにw

十条駅方面の道も空いている。が、商店街はわりと賑やかで若者や子供も多い。他の都内の商店街よりは将来性があるようだ。やはり東京は北部か東部。西南部はだめ、特に世田谷とかw

中央商店街を通って東十条駅に戻り、電車で秋葉原。20時過ぎだがまだ賑わっている。一回りしてから世界の山ちゃん神田須田町店。大汗をかいたせいかコショーがうまい。


記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ