究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

佃島

大妖怪展と佃陰祭り

8月6日の記録。

森下経由両国まで電車。車内は浴衣姿の人たちで大混雑。先週より花火見物の人が多いようだ。純粋に花火が見たくて、浅草とか墨田川に思い入れがなければ当然の結果かも。もっとも隅田川花火大会だとJR、メトロ、都営のどれもが使えるのに、江戸川だとJRか都営線になるからその差かもしれない。

18時頃大江戸博物館到着。この時間なら空いているかなと思ったがそれなりに混んでいる。さすが妖怪。展示もさすがに面白い。歌川国芳の、「バケモノが人もすなる百物語やったら最後に坂田金時が出てきてみんな逃げる」というのが面白かった。「道外化もの百ものがたり」というらしい。画像はこちらに

見物後、また大江戸線で月島。佃島の住吉神社の陰祭りのはずなので寄ってみる。特に露店が出てたりはしないが、町内の人が提灯をもってなにかやっている。ここは東京なのだが、なんとなく雰囲気が関西。今年は行かれなかったが、佃島の盆踊りはもっと関西風。

暑いのにもんじゃストリートもそれなりに。散歩終了。勝どき駅から森下経由で神保町。酔の助。





鐵砲洲稲荷と清正公

5月3日。銀座まで地下鉄。柳通りとか適当に歩いて鐵砲洲稲荷。今年も夏祭りスタート。そのまま佃島にわたって月島もんじゃストリートが大賑わいなのを眺めて月島駅。途中気になったのが佃島説教所。なんかもう使われていないような。今確かめたがよくわからない。というか葬儀屋のページしかでてこない。本願寺派が怠けているのかgoogleがアホになったのか・・・ おそらくその両方だろう。月島からは有楽町線で小竹向原。江古田まで歩いてお志ど里。

5月4日。白金高輪まで地下鉄。清正公(覚林寺)はすぐ。ここは日蓮宗の寺院なのだが柏手を打つ人が結構いる。太鼓はなっているけど題目は聞こえないから寺だと気が付かなくてもしかたない。というか題目が聞こえていても気づかない人は気づかないか・・・ 露店を眺めてから適当に歩いて品川。なんとなくバスに乗りたくなって天王洲アイル。ここはやはりシェルターだ。りんかい線で新木場。また有楽町線で池袋。西口の「ふくろ」。

散歩記録:森下から有楽町まで

11月20日の記録。

森下駅から散歩開始。まずは清澄庭園の夜間ライトアップを見物。昨年も訪れた。 やはり紅葉はなし。あれだけ暑かったのだから当たり前かも。ただし、無理やり赤いライトで照らされた木はある・・・

一昨年も去年も「涼亭」が見物できたのに今年は入場できなくなっている。まあいたわってあげないといけない建物だから仕方ない。

その後、清澄公園通りの一本西側の道を永代通りまで。門前仲町駅のそばの喫茶店で休憩。

さらに南下し、佃島に入ってから脇道にそれる。久しぶりに佃島説教所の前を通る。写真を撮りたかったがお葬式の最中だった。ここでお葬式をやることもあるんだ・・・

佃大橋の上からは、左手に東京タワー、右手にスカイツリーが見える。この橋を徒歩で渡る人は少ないだろうから、両方のタワーが見物できることはあまり知られていないかも・・・ ただしどちらも遠くなので迫力はない。

橋を渡ってからちょっと進路を北に取り、「鉄砲洲稲荷」にお参り。この神社は初めて。ここの夏祭り(?)はGW期間中らしい。神田祭より前なんだ・・・

その後は築地、銀座を経て有楽町。有楽町ではまたまたBaden Baden。また一つ年をとったが、やることは同じだw

記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ