究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

中野

令和元年秋冬散歩まとめ

またもや長期間さぼってしまったので、行ったところと飲んだところだけ。
来年こそはちゃんと書く・・・

9月14日。渋谷金王八幡。渋谷氷川神社。池尻神社。「酔の助」。

9月15日。雪ヶ谷八幡神社、蛇窪神社(上神明天祖神社)、下神明天祖神社。「呑者家西口」。

9月21日。熊野神社。根津神社。鶯谷。「関所」。

9月22日。愛宕神社。新橋。「世界の山ちゃん須田町店」。

9月29日。休み。

10月5日。江古田。獅子舞。「呑者家本店」。

10月12日。台風。

10月19日。休み。

10月26日。松陰神社例大祭。下北沢。笹塚。中野。「秋吉」。

11月2日。ハプスブルク展。渋谷。「山形」。

11月3日。谷保天満宮。南武線で武蔵小杉。「割烹こすぎ」。

11月9日。ミイラ展。鶯谷。「宝ろく」。

11月16日。下高井戸から中野まで散歩。新井薬師。新宿。「呑者家銅鑼」。

11月23日。電車で中野。中野ブロードウェイ。吉祥寺。「清瀧」。

11月30日。都電で新庚申塚。六義園紅葉ライトアップ。大塚。「鳥忠」。

12月7日。休み。

12月14日。東京国立博物館。東洋館。鶯谷。「もぐもぐ」。

12月21日。江戸東京博物館一般展示。秋葉原。「世界の山ちゃん秋葉原店」。

12月29日。人形町歳の市。上野。鶯谷。「もぐもぐ」。

2018年11月12月散歩まとめ

11月3日。秋祭りというと9月か10月だと思っていたが、なぜか埼玉では11月に結構祭りがある。ちょうど飯能で飯能まつりをやっているらしいので行ってみる。池袋から西武池袋線で飯能市まで。ここで降りるのは多分初めて。

駅を降りると確かにお祭り。どこの神社のお祭りなのかはわからない。八王子まつり同様、神道色を薄めたい学会一部の人たちが多そうな土地ではある。まつり自体はかなり賑やかで屋台も多い。元は街道筋だったらしく古い商店もそれなりに。昔はかなり豊かだったのかも。じっくり見物してからまた池袋線で池袋。新宿にでて「呑者家」。

11月10日。上野まで電車。国立科学博物館で「日本を変えた千の技術博」。なかなかおもしろかったがなにせこちらは年寄りなのでそれほどびっくりする展示はない。計算尺を初めて見たらしい若者がいたが、若者の方がより楽しめる展示かも。アメ横によってから御徒町から電車で鶯谷。「関所」初体験。

11月17日。千石まで都営三田線。そのまま巣鴨駅、とげぬき地蔵、庚申塚、西ヶ原、染井銀座、しもふり銀座、駒込駅と歩いて六義園紅葉ライトアップ。特に例年と変わりない。帰りは正門からよくわからない新興宗教「天心聖教 」の神殿脇を通って巣鴨駅。「千成」に再訪したかったが満席。大塚まで出て「鳥忠」。

11月24日。久しぶりに下高井戸、永福町、堀之内を経て中野まで散歩。ゆっくりブロードウェイ見物後バスで渋谷。「多古菊」。

12月1日。森下まで地下鉄。清澄白河経由で富岡八幡宮。そういえばもうそろそろあの事件から一年経つ。夕方というかもう暗くなっているが参拝客はそれなりに。あの事件ももう忘れ去られているのかも。続けて深川不動。最後の護摩がまだなので見物することに。護摩札等申し込まなくても屋内で座って見学自由。馬鹿でかい太鼓が4つ。本堂改築前にもここの護摩を見たがあのときより演出が派手。毎年バージョンアップしてるのかも。護摩終了後は喫茶店で一服してから東西線で中野。高円寺まで乗り継いて「大万」。本当は世界のビールが飲みたかったが店員さんが新人(?)で不慣れなようなのでハイネケンの生で妥協。どこも人手不足。

12月8、15日は私、22日は連れが忘年会で散歩はお休み。明日は例年通り鳩ヶ谷おかめ市の予定。

中野通り、足立区生物園、東京国立博物館

3月31日。久しぶりに下高井戸から神田川沿いをひたすら歩いて中野通り。中野で一旦休憩。さらに中野通り。桜まつりだがソメイヨシノはもう終りに近い。ひたすら通り沿いに歩いて哲学堂公園から新青梅街道、江古田の森の脇を抜けて新江古田、江古田。「お志ど里」。

4月7日。ソメイヨシノは完全終了だが自宅近くの八重桜は満開。どこへ行くか迷ったが足立区生物園なるところで夜間ライトアップと夜間営業をしているらしいので行ってみることに。

竹ノ塚まで電車。なんとなく寒いので適当にバスに乗ってみると大失敗。途中で気づいてバスを降り結局駅から直接歩く以上に歩くことに。

確かにライトアップされているが、葉桜なので見物客はいない。生物園自体はちゃんと営業している。客がほとんどが親子連れで基本的には子供向けの施設らしい。が、大人でも十分楽しめる。特に夜の温室で木に止まっている蝶は面白い。研究員らしい人がいろいろ説明してくれる。言われなかったら蝶には気づかなかっただろう。

帰りは素直に駅まで歩く。たいした距離ではない。バスの待ち時間まで考えると歩いたほうが絶対に速いはず。竹ノ塚からは日比谷線直通が多いのでそのまま秋葉原。「世界の山ちゃん」。

4月14日。上野まで電車。以前見た「アラビアの道」展が面白かったので、たまには一般展示をゆっくりみようと国立博物館。まずはアラビアの道。二回目だとより細かいことまでわかるようになる。メッカ(今はマッカらしい)までの道で一番重要なのがバグダードからの道、次がダマスカスからの道。ちょうどそのダマスカスにミサイル攻撃・・・

続けて一般展示。客は外国人のほうが多い。自分もそうだが日本人は企画展とか特別展のほうが好きなのだろう。が空いているのでじっくり見られるし入場料も安い。本館だけで閉館時間に。今度は東洋館だけ見に来てもいいかも。一旦駅に戻って駅内を見物してから鶯谷。「信濃路」。

アンデス展と中野ブロードウェイと東京駅

1月6日。土曜なので上野の博物館は夜まで開いている。調べてみると国立科学博物館も金、土曜には開館時間を延長しているらしい。そこで超久しぶりに国立科学博物館。古代アンデス文明展

上野までは電車。まずはアンデス展を1時間半ほどかけて見物。インカやナスカ以外の文明のことはほどんど知らなかった。文字がないことは知っていたが貨幣も存在しなかったとは。

閉館まで30分ほど余裕があったので、常設の地球館2階も見学。これも面白かったが、「日本初のロケット」がペンシルロケットなのは変だ。桜花はどうする。零戦は展示してあったから軍事技術だから駄目というわけではあるまいに。

地下鉄で渋谷。「多古菊」で鍋。

1月7日。中野まで電車。ブロードウェイをじっくり見物してから寒いのでJRで東京駅。構内を一周りしてから八重洲地下街。丸の内側に出てから地下街を抜けて大手町駅から半蔵門線。神保町「酔の助」。

2017年12月散歩まとめ

11月25日。特に行事等もないので、中野まで電車。ブロードウェイ探索。また占い屋と腕時計屋が増えている。占いはともかくなんで高級腕時計なんて今さら、と思ったが一部は結構バブルなのかも。駅周辺を一周りしてからバスで渋谷。多古菊で鍋。

12月2日。神保町まで地下鉄。白山通りをひたすら水道橋、後楽園、白山と歩いてちょっと曲がって六義園。恒例のライトアップ見物。しもふり商店街に立ち寄ってから巣鴨駅。「千成」初体験。もつ煮込みは売り切れだったが牛すじ煮込みで十分満足。

12月9日。オジサンオバサンバンドでセッションというか忘年会。西荻窪「ほうぼう屋」。こんな店まだ残ってたのか。こっちは既に年寄りなのだが、他の客はもっと上。確かに高齢化社会だ。

12月16日。同じく年寄りバンドの忘年会。赤坂「キングハーベスト」。中央線沿線とは雰囲気が違うが年寄りだらけは変わらない。これでいいのか日本、いや駄目なんだろな・・・
記事検索
Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

 
 
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ