究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

上野

下谷神社、浅草神社、吉原神社祭礼

5月12日。

神保町まで電車。太田姫稲荷神社から聖橋を経て神田明神。陰祭りだが人出はそれなり。ポニーのアカリちゃんも元気だが、もう結構いい歳なのかも。

外神田から中央通り、アメ横を経て下谷神社。神輿が次々と本殿前に集合。前は気づかなかったが女神輿も目撃。夜店見物後はまた中央通りで秋葉原。秋葉原は神田祭が本妻だろうと陰祭りだろうとあまり関係ない。一年中祭りみたいなものだ。昌平橋を渡って御茶ノ水。御茶ノ水ビアホール。

5月19日。

馬喰横山まで電車。薬研堀不動院から隅田川岸。久しぶりに両国橋を渡ってみる。ちょうど相撲が終わったらしく国技館付近はかんり混んでいる。不祥事もあまり関係ないうようだ。「はね太鼓」もはじめて生で聞く。太鼓櫓にはエレベーターが設置してあり、演奏終了後に使用されているのを目撃。

そのまま隅田川沿いを吾妻橋まで。橋を渡って浅草。雷門付近は混んでいるのでメトロ通りから浅草寺境内、そのまま浅草神社。三社祭は浅草神社の祭礼なのに浅草寺よりお参りする人が少ないのは例年通り。

浅草寺付近を一周りしてから、「観音様の裏」の方にまで足を伸ばす。ここらへんはどこも三社祭の範囲なのだがソープ街近辺だけは吉原神社。ちょうど神輿が吉原神社に到着したことに遭遇。町内会長(?)さんの挨拶が本当に簡潔ですばらしい。江戸っ子気質なんだろう。「吉原一本締め」なる一風変わった手締めを見物。
http://www.geocities.jp/itsupontate/yougo/20071023tejime.htm より引用。


「一本締め」の後に、加えて七回手を打ちます。
つまり、手の打ち方は、「ぱぱぱん、ぱぱぱん、ぱぱぱん、ぱん、ぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱん」となります。
これも、普段はなかなかお目にかからない、珍しい締め方の一つです。


町内会長(?)さん曰く、「吉原七町を加えてある」とのこと。

その後はまた浅草に戻って「浅草ビアホール」。料理人が変わったらしく、ソーセージがボイル
でなく焼きだった。ボイルのほうが好き・・・



中野通り、足立区生物園、東京国立博物館

3月31日。久しぶりに下高井戸から神田川沿いをひたすら歩いて中野通り。中野で一旦休憩。さらに中野通り。桜まつりだがソメイヨシノはもう終りに近い。ひたすら通り沿いに歩いて哲学堂公園から新青梅街道、江古田の森の脇を抜けて新江古田、江古田。「お志ど里」。

4月7日。ソメイヨシノは完全終了だが自宅近くの八重桜は満開。どこへ行くか迷ったが足立区生物園なるところで夜間ライトアップと夜間営業をしているらしいので行ってみることに。

竹ノ塚まで電車。なんとなく寒いので適当にバスに乗ってみると大失敗。途中で気づいてバスを降り結局駅から直接歩く以上に歩くことに。

確かにライトアップされているが、葉桜なので見物客はいない。生物園自体はちゃんと営業している。客がほとんどが親子連れで基本的には子供向けの施設らしい。が、大人でも十分楽しめる。特に夜の温室で木に止まっている蝶は面白い。研究員らしい人がいろいろ説明してくれる。言われなかったら蝶には気づかなかっただろう。

帰りは素直に駅まで歩く。たいした距離ではない。バスの待ち時間まで考えると歩いたほうが絶対に速いはず。竹ノ塚からは日比谷線直通が多いのでそのまま秋葉原。「世界の山ちゃん」。

4月14日。上野まで電車。以前見た「アラビアの道」展が面白かったので、たまには一般展示をゆっくりみようと国立博物館。まずはアラビアの道。二回目だとより細かいことまでわかるようになる。メッカ(今はマッカらしい)までの道で一番重要なのがバグダードからの道、次がダマスカスからの道。ちょうどそのダマスカスにミサイル攻撃・・・

続けて一般展示。客は外国人のほうが多い。自分もそうだが日本人は企画展とか特別展のほうが好きなのだろう。が空いているのでじっくり見られるし入場料も安い。本館だけで閉館時間に。今度は東洋館だけ見に来てもいいかも。一旦駅に戻って駅内を見物してから鶯谷。「信濃路」。

2018年1月散歩記録

1月13日。池袋まで電車。サンシャインシティ。ひさしぶりだが飲食店はあまり変わっていない。ナンジャタウンは規模が縮小したせいか前より活気がない気もする。駅に戻って東武の地下食品売り場を覗いてからJRで大塚。「鳥忠」で鶏肉の肉豆腐、煮込みなど。

1月20日。品川までJR。京急乗り換えで大師前。久しぶりに川崎大師。縁日は21日だが前日夜に「宵大師」なる行事があるらしい。確かに夜の割には参拝客が多い。19時にやたらたくさんのお坊さんたち(20人以上)が正面から本堂に入って護摩祈祷開始。が、なかなか火は付かない。20分ほど経って、護摩の火が燃え上がるのを確認してから駅に戻る。川崎まで京急。寒いので地下街だけ散策してから京浜東北で神田。「世界の山ちゃん」須田町店。

1月27日。上野まで電車。平成館の「仁和寺と御室派のみほとけ」展と表慶館の「アラビアの道」展を見物。どちらも面白いが、アラビアの道展は一般料金だけで見物できるからどちらか選ぶならアラビアの方がおすすめ。表慶館自体も一見の価値がある。十分満足して地下鉄で浅草。「浅草ビアホール」。

2月3日。府中まで電車。2年ぶりぐらいで大國魂神社。神社の節分は実は初めて。横綱稀勢の里、府中市長、ミス府中、菅直人、福男、福女とも大勢。参拝客も相当なので、豆は無理かな、と思ったが一つだけ拾えた。バスで国分寺。大学通りを覗いてからJRで立川。「立川ビアホール 」初体験。つまみの味はなかなかよいが国産ビールしか置いていないのが残念。もっとも生でなければあったのかな?

アンデス展と中野ブロードウェイと東京駅

1月6日。土曜なので上野の博物館は夜まで開いている。調べてみると国立科学博物館も金、土曜には開館時間を延長しているらしい。そこで超久しぶりに国立科学博物館。古代アンデス文明展

上野までは電車。まずはアンデス展を1時間半ほどかけて見物。インカやナスカ以外の文明のことはほどんど知らなかった。文字がないことは知っていたが貨幣も存在しなかったとは。

閉館まで30分ほど余裕があったので、常設の地球館2階も見学。これも面白かったが、「日本初のロケット」がペンシルロケットなのは変だ。桜花はどうする。零戦は展示してあったから軍事技術だから駄目というわけではあるまいに。

地下鉄で渋谷。「多古菊」で鍋。

1月7日。中野まで電車。ブロードウェイをじっくり見物してから寒いのでJRで東京駅。構内を一周りしてから八重洲地下街。丸の内側に出てから地下街を抜けて大手町駅から半蔵門線。神保町「酔の助」。

おかめ市と年末アメ横

12月23日。鳩ヶ谷まで電車。鳩ヶ谷氷川神社のおかめ市(酉の市)見物。気のせいか年々人出が増えている。マンション等も増えているのだろう。見物後、西川口駅までのバスがあるらしいのでそれに乗って西川口の中華街を見物しようと思ったが、バス停はわかりづらいしどうやら本数もあまりなさそうなので諦める。たとえ人口が増えてもこの辺の整備が追いついていないのが郊外というものだろう。もっとも今は日本全体が郊外だが・・・

結局いつものように電車で赤羽岩淵まで戻って、赤羽駅周辺を一周りしてから埼京線で新宿。「浪漫房」で合鴨ローストなど。

12月30日。神保町まで地下鉄。小川町を経て秋葉原。コミケ目当ての上京組と外国人観光客で普段の土曜日よりも賑わっている。そのままアメ横。こっちはもう既に異国だ。湯島付近の酔客も日本語以外を話している方が多い。上野広小路から地下鉄で渋谷。「山形」で芋煮など。


記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ