拡散性ミリオンアーサーはのんびりプレイ中。やっとレベル20を超えたところ。もちろん無課金ユーザーだが、それなりにレアなカードが集まってきた。この調子ならずっとお金をかけずに遊べそうだw

集まったレアカードの中には、ナポレオンとかマリー・アントアネットなど時代考証を無視したキャラのカードもあるが、本物のアーサー王伝説に出てくるキャラももちろん出てくる。主人公のアーサーや魔法使いマーリン、エレインイゾルデローエングリンなどなど。私はまだ取得していないが、当然「ランスロット(ラーンスロット)」のカードもあるようだ。懐かしい・・・

「懐かしい」というのは、もう20年以上前のことだが、「アーサー王伝説」に興味を持って何冊か本を読んだことがあるから。もっとも細かいことは忘れているし、RPGにはやたらとアーサー王伝説に関わる人名が出てくるから、知識がごちゃまぜになっている危険性もある。というかこのゲームのせいでさらにカオスになってしまったw

「拡散性ミリオンアーサー」は大ヒットしたらしく、ダウンロード数が凄まじいことになっている(とっくに10万を突破、アンドロイド版が出れば相当いくだろう)。が、「アーサー王伝説」の知識を多少なりとも持っているプレーヤーはどの程度いるのだろう? もちろん何も知らなくてもプレイに支障はないし、「100万人アーサーがいる」という設定自体がぶっ飛んではいるだが、「ストーリー重視」のソーシャルゲームだから、大元の伝説を多少知っていたほうがより楽しめるはず。1000円でアイテムを買うよりは文庫本を買ったほうが、って余計なお世話かな・・・