究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

ホラー

ずうのめ人形と都市伝説に関するつぶやき

































傘お化けと「妖怪百物語」

台風が東京を直撃したので、渋谷駅近辺も一時期は大混乱。一応雨が収まってからちょっと様子を見にいったら、壊れたビニール傘があちこちに散乱している。渋谷付近だけでいったい何本の傘がお釈迦になったのだろう。傘お化けが大量発生するんじゃないかw

DSC_0175

傘お化け(伝統的には「からかさ」)といえば、大映の妖怪シリーズ第一作、「妖怪百物語」を思い出す。この映画の中に出てくる悪徳商人が、自分の息子(ちょっと知恵遅れ)に、「そんなに夜遅くまで遊んでいると、お化けがでるぞ!」と小言をいうと、息子は、「もう出てるよ〜」といって本当にお化けと遊んでいる。その相手が傘お化け。他の妖怪たち(なにせ百鬼夜行だからたくさん出てくる)はこの商人や悪代官たちを脅して自害させるのだが、さすがに子供には罪がないから、とりあえず「傘お化け」に子守をさせたのだろうw

予告編の動画があった。ちゃんと「からかさ」も顔を出してる。あの知恵遅れの少年役、ルーキー新一だったんだ。林家正蔵(もちろん彦六、知恵遅れじゃない方)も出てるいるし、近いうちにまた観ようw




記事検索
Recent Comments

livedoor プロフィール
ブログセンター



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

blogram投票ボタン


  • ライブドアブログ