究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

旅行

北野天満宮、東尋坊、金沢21世紀美術館

2月末の旅行記録を今頃・・・

2月22日。昼過ぎの新幹線で京都。駅の松葉で遅い昼食。ホテルチェックイン後駅に戻って山陰線で嵐山。去年の大雨で景色が変わったようだ。昔やたらとあったタレントショップもいつの間にか一軒もない。観光客自体は多い。レンタル着物の若者が目立つ。

嵐電で北野白梅町。昨年に引き続き北野天満宮梅園ライトアップ。ほとんど満開。上七軒見物後バスで三条河原町。一周りしてから「よしみ」。どうやら経営者が変わったらしい。何があったのだろう?

2月23日。満席のサンダーバードで福井。蟹目当ての観光客らしい。一時間半程度だから立っても楽勝のはずだったが琵琶湖西岸の強風で1時間ほど遅れて福井駅。駅前ビルでおろし三昧蕎麦。福井で何をするかは決めていなかったが、疲れたので北電で海方面。東尋坊までのバスと接続も良いことがわかったのでせっかくなので東尋坊。なかなか賑わっていて自殺の名所の雰囲気はない。

福井駅に戻って今度はしらさぎで金沢着。タクシーで野町。チェックイン後は徒歩で片町。「五郎八」で白海老や治部煮、 レンコンの蟹あんかけなど。

2月23日。金沢で何をするかも決めていない。チェックアウト後金沢駅。ロッカーに荷物を預けてからバスで香林坊まで戻って街中の蕎麦屋で山菜ラーメン。とりあえず何度めかの兼六園。ここも中国人観光客が増えた。梅園もそれなりに。

兼六園の小立野口を出てまっすぐ歩いてみる。やたらと病院が多い。さらに進むとちょっとした商店街があって寺町風の場所。如来寺によってから天徳院。本堂でからくり人形劇を見物。珠姫を初めて知った。観光バスの一団の他は私と連れのみ。自分たちもそうだが金沢で寺社めぐりはあまりしないのかも。

その後も適当に歩いてまた片町に戻る。喫茶店で休憩後、二度目の21世紀美術館。「アジアの風景」はイマイチだったが「邱志杰(チウ・ジージエ) 書くことに生きる」は面白かった。というか書道や漢詩が大陸中国で生き延びていたとは思わなかった。文革で死滅したわけじゃなかったんだ。

また香林坊に戻って近江町市場。バスで金沢駅。「かがやき」で東京。行き当たりばったりの割に密度は結構濃い旅行に。

京都、日吉大社、武生、永平寺

9月21日。昼過ぎの新幹線で京都。今回は、京都で泊まる、福井で泊まる、福井で私鉄に乗るぐらいしか特に予定を立てていない。一筆書きがちょっとむずかしいルートなので切符も京都まで。

京都駅内の松葉で天麩羅蕎麦。ホテルチェックイン。特に予定がないのでそのまま西洞院通を北へ。途中、菅大臣神社という神社を発見したのでお参り。天満宮で飛梅の由来の地らしい。京都はとりあえず適当に歩けば史跡が発見できるので楽だ。

四条通を大宮駅。駅前の喫茶店で休憩してから、久しぶりに嵐電。北野線に乗り継いで北野白梅町。天満宮あたりを歩くつもりだったが雨が強くなったのでバスでまた四条烏丸。途中で雨は止む。そのまま周辺を一周りして三条の「よしみ」。親父さんが体を壊したらしいが店自体は健在。ハモと松茸のしゃぶしゃぶなど。

9月22日。福井まで行くことは決まっているが、特急でそのまま行くのもつまらない。湖西線の途中でどこかによってみたい。園城寺や延暦寺には何回も行ったので、今回は坂本の日吉大社。せっかくなので山科から京阪。浜大津乗り換えで坂本。「鶴喜そば」で昼食。比叡山の山中にも鶴喜そばがあるが関係あるのかないのか。味も雰囲気もだいぶ違う。もちろん坂本のほうがいい。

日吉大社はすぐそこ。こんなに近いのに今まではなぜか無視していた。参拝客も少なく空気も綺麗。お勧めスポットだ。奥の院まで行ってみたかったが結構険しそうな道だったし、案内板もあまりないので諦めて坂本。今度はJR。近江今津、敦賀、と乗り継いで武生下車。ここから福井鉄道に乗るつもり。

武生駅で降りたのは初めて。というかどういう町なのか全く知らない。JRの駅前にも特に観光案内らしきものはないから、そのまま福井鉄道に乗ろうと越前武生駅に向かうと途中に看板。近くに国分寺があるらしい。国分寺があるということは昔は中心地のはず。場所も歩いてすぐのところだ。別に急ぐ必要はないので歩いてみる。すぐに到着。他にも寺や神社が多く、石畳も綺麗に整備されている。が、自分たち以外の観光客がまったくいない。土曜日なのに。あとやたらと酒屋が目立つ。

越前武生駅から福井鉄道。一両編成だし福井市内は路面電車なのに急行がある。各駅停車を待つこともないのでそのまま急行。鯖江付近の山には大きなメガネの看板。路面電車区間はなんとなく都電の飛鳥山あたりの雰囲気にも似ている。急行は福井駅まで行かず、盛り場に近い福井城址大名町なる停車場で下車。もっとも福井駅もすぐ近く。予約したホテルは盛り場の片町。チェックインしてから徒歩で福井駅。駅の周りの商店街、ホテル近くに戻って片町。適当に散歩してから駅近くの「庄屋(チェーン店のあれではない」でスズキやカワハギ、スコ(赤ずいき)など。さらに片町のバー。

9月23日。今日も予定を決めていない。福井の観光地と言えば東尋坊か永平寺。永平寺までは急行バスで30分程度だとわかったので永平寺に行ってみることに。ホテルから駅まで歩く途中に柴田神社なる聞き慣れない神社を見つけたので寄ってみる。柴田勝家やお市の方が祭神の神社だ。北ノ庄城はもっと山の方にあったと勝手に思っていたが、福井駅のこんなすぐ近くだったとは。お市の方のお守りもある。お願いすると美人になれるらしいが最後には自害しなきゃいけない、わけではないのだろう・・・

バスで永平寺。門前はかなり賑やか。禅寺なのに。福井駅付近にもかなり蕎麦屋は多かったがここは更に多い。そのうちの一軒で越前おろしそば。

永平寺内はなかなか合理的に出きていて、靴を脱いで回廊を回るだけで主要な堂は見物できる。見物できるところはたいして広くない。同じ曹洞宗でも鶴見の総持寺とはだいぶ雰囲気が違う。もっとも永平寺は冬には雪に埋もれてしまうのだろうから外を歩くわけには行かないのかも。決してつまらない寺ではないが、祈祷系ではないのであまり神秘性はない。やはりここは座禅修行をする場所なのだろう。曹洞宗でも豊川稲荷とか大雄山最乗寺は祈祷系。

帰りは永平寺口駅までバス。今度はえちぜん鉄道で福井。乗り継ぎはスムーズ、というか大忙し。もう少し余裕があってもいいかも。福井駅で土産物を買って休憩してもまだ16時。特急で名古屋に出るか各駅で乗り継ぐか迷ったが、やはり急いでも仕方ない。敦賀まで各駅、米原まで新快速、米原からも運良く新快速だったので、20時前に名古屋到着。新幹線に乗り換えて帰京。



京都から東舞鶴経由で富山まで

3月2日。久しぶりに一筆書き乗車券を購入。東京から東海道、山陰、舞鶴、小浜、北陸各線で東京。この人のルートに近いが大阪を省略。二泊三日だと余裕がない。

京都まで新幹線。構内の松葉でにしんそば。ホテルチェックイン後、四条まで地下鉄。寺町と祇園をぶらついてからバスで北野天満宮。昼間の梅林は何回か訪ねたが夜ははじめて。というかライトアップ自体が今年かららしい。

早咲きの梅は満開だがもう一日か二日後のほうが良かったかもしれない。梅の枝に掛けられた蝋燭が幻想的。堪能して街中に戻り、「よしみ」でタラの白子鍋など。その後雑炊。

3月3日。特急きのさきで綾部。舞鶴線乗り換えで東舞鶴。徒歩で赤レンガ倉庫まで。海軍カレーを食べたかったが売れきれだったので、移動販売の無水カレーを試すとこれがなかなか。あとで調べるとここのお店の移動販売らしい。

駅に戻りながら商店街を見物。シャッターが閉まっているどころかなかば破壊されているような店もある。港や町の雰囲気は以前訪れた敦賀に似ている。街中を歩く人は少なく、バスやタクシーもあまりない。

駅に戻って今度は小浜線。海側の座席が空いていたのはラッキー。というか空席が目立つ。さすがに夏場はもっとも混むのだろうが。

小浜付近の海岸線は確かに美しい。途中、特に曲がり角もないのにやたらにスピード落とす箇所がある。どうやら観光客向けのサービスらしい。同じことを感じた人もやはりいるようだ。

観光アナウンスは聞こえなかったけれど、景色の良い所で徐行するサービスかもしれない。


http://www.norari.net/train/083112.php

敦賀までは二時間ほど。思ったより退屈しない。また単線だがすれ違いのための停車時間がほとんどないのもよい。敦賀からはサンダーバードで金沢。バスで香林坊。ホテルチェックイン後片町散策。おでんの赤玉は混んでいたし、もう三回ほど体験済みなので向かいの「現八」で辛味おろしそば。その後バー。普通は順番が逆かな・・・

3月4日。チェックアウトしてそのままバスで金沢駅。富山までの「つるぎ」。金沢富山間が三セクになってしまったので新幹線に乗るしかない。駅ビルの海幸山幸越中茶屋で白海老天ぷらうどん。これが本当の氷見うどんなのかどうかは知らないがうまい。付け合せの山菜天ぷらが良かった。

まずは北口に出て、富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ を購入。さっそくポートラムに乗ってみる。若い車掌さんが乗っている。もっとも正確には車掌ではなく「アテンダント」らしい。こちらがフリーきっぷを持った観光客だとわかると色々教えてくれる。アテンダントさんは全線乗務ではないらしく途中の駅というか停車場で下車。

アテンダントさんのおすすめどおり東岩瀬で降りて、古い町並みや港の岸を眺めてから、終点の岩瀬浜からまた乗車。途中駅からまた先程のアテンダントさん。「いかがでしたか?」と声をかけてくれる。気の利く娘だ。が、なんとアテンダントは今月末で終了らしい


今度は南口。私はてっきり富山の路面電車は市電(市営という意味で)だと思っていたのだが、富山地方鉄道株式会社というれっきとした私鉄の路面電車だったことに気づく。どの電車に乗っても町中心部には出られるようなので南富山駅行きに乗ってみる。西町で下車。アーケード街を歩いてみたがやはり商店街は活気がない。もっとも日曜以外はもう少しましなのかも。

特に予定もないのでゆっくり歩いたり、路面電車を乗ったりしているうちに夕方。お土産を買ってからかがやきで東京まで。2時間ちょっと。速い。

黄檗、石山寺、岐阜、名古屋

9月8日。新幹線で京都。奈良線で黄檗。途中の伏見は相変わらず外人だらけ。何年か前に行った「黄檗新生市場」がどうなっているか、と思ったが見当たらない。どうやら2015年に解体されたようだ・・・ 

萬福寺を見物してから京都駅に戻って鴨南蛮を食べてからホテルチェックイン。その後寺町や祇園をぶらついてから「よしみ」で松茸と鱧鍋。相変わらず安い。

9月9日。山科までJR。京津線で浜大津乗り換えで石山寺。三度目だと思うが久しぶり。「源氏物語と出家」展見物。面白いがちゃんと源氏物語を読んでいないと細かいことまでわからない。今度ちゃんと読んでみよう。

また電車に乗ろうとするとなんと人身事故で止まっている。石山坂本線で人身事故って珍しいんじゃ。20分ほどで復旧。JR石山から米原、乗り換えて大垣。駅前で水まんじゅうを試してからホテルチェックイン。またJRで岐阜。

前は駅近辺しか見物しなかったのでバスでお城方面。せっかくなのでロープウェイで山頂。確かに夜景はきれい。戻って岐阜駅近くで夕食を、と思ったが狙っていた店は満席、大垣まで戻って居酒屋。チェーン店だが関東にはない店で適当に済ませてからspeak easy。

9月10日。木曽川駅で途中下車してタクシーでアクア・トトぎふ。なかなかおもしろいがどうも雰囲気が水族館というよりは田舎の遊園地だ。知的好奇心を満たす場所ではなさそうだ。行ったことはないし行く気もないがTSUTAYA図書館もこんなもんなんだろう。子供連れで賑わっていて子供達は可愛いが親は馬鹿そうなのが多い。

木曽川駅までまたタクシーで戻って名古屋。大須を一周りしてから駅近くの円頓寺商店街を歩いてみたがさほど面白くはない。ただ途中にあった多賀宮は変わっている。神社なのだかあきらかに神仏習合。不動明王まで祀っている。そのまま駅地下街に入って一周りしてから新幹線で帰京。

青蓮院、多賀大社、華厳寺

3月3日。昼過ぎの新幹線で京都。駅構内の松葉で天せいろ。

駅近くのホテルチェックイン後はひらすら歩いて川を渡って国立博物館見物後、東山の花灯篭。レンタル着物利用者が目立つ。外国人だけでなく日本人も。清水寺、八坂神社と巡って青蓮院。三条通りから坂狩場に出て「よしみ」。鮭となんとかネギの味噌鍋。青ネギではなく下仁田ネギみたいな太いネギだけど別の名前だった。

3月4日。JRで彦根。前彦根にきたとき見つけた蕎麦屋「つる亀庵」で牛すじ煮込みつけそば。お城は割愛して近江鉄道に乗るつもりで駅に戻ると次は一時間後。「多賀大社までならバスがあるはず」と調べてみたらちょうと発車10分前。ブリジストンやらパナソニックやらでかい工場群を抜けて多賀大社。

帰りは近江鉄道。所要時間も料金もバスとあまり変わらない。ただ鉄道だと乗換えがある。JRで米原乗り換えで大垣。昔はよく大垣夜行を利用したが、昼間の大垣駅は初めて。関ヶ原を超えたせいか駅前チェーン店が東京と同じ。チェックイン後あちこちぶらついてから「海彦・山彦」。明宝ハムステーキなど。

3月5日。樽見鉄道初体験。「モレラ岐阜」ってなんだ、と思っていたら巨大なショッピングモール。ショッピングモールは嫌いなのだがこれほどでかいとさすがにちょっと見てみたい。が、電車もとい列車の本数が限られているのでそのまま谷汲口駅。バスで華厳寺入り口。

追記1。今調べてみると、モレラ岐阜はそれほどでかくはないようだ。ただ周りに何もないからやたら巨大に思えたのかも。イオンレイクタウンは本当に巨大らしいが、イオンは嫌いなので絶対に行かないw

追記2。私が行ったことがあるショッピングモールはららぽーと船橋と豊洲ぐらいだが、ららぽーと船橋は名前が変わったらしい。こちらももう行かないだろうからどうでもいいw


花見のときは賑わうのだろうが今は空いている参道の途中の蕎麦屋で山菜そば。大垣駅のコインロッカーは埋まっていたのでここで荷物を預かってもらう。本堂では「戒壇めぐり」。今まで体験した戒壇と比較すると、善光寺<華厳寺<玉川大師、の順に怖い。要は他人が大勢いるかどうかで決まるのだろう。

奥の院まで行くのは大変そうなので、他のお堂を見てからまた参道を戻る。帰りのバスまで時間があるので廃線になった谷汲駅と、併設されている村立昆虫館見物。「ギフチョウ」がここらにいるとはしらなかった。

行きのルートで大垣に戻る。まだ時間があるので、名古屋に出て地下鉄で大須。一周りしてから戻って新幹線で帰京。「ローカル鉄道とバス」と「新幹線と地下鉄」の効率の差が酷すぎる・・・

記事検索
Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ