究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

旅行

黄檗、石山寺、岐阜、名古屋

9月8日。新幹線で京都。奈良線で黄檗。途中の伏見は相変わらず外人だらけ。何年か前に行った「黄檗新生市場」がどうなっているか、と思ったが見当たらない。どうやら2015年に解体されたようだ・・・ 

萬福寺を見物してから京都駅に戻って鴨南蛮を食べてからホテルチェックイン。その後寺町や祇園をぶらついてから「よしみ」で松茸と鱧鍋。相変わらず安い。

9月9日。山科までJR。京津線で浜大津乗り換えで石山寺。三度目だと思うが久しぶり。「源氏物語と出家」展見物。面白いがちゃんと源氏物語を読んでいないと細かいことまでわからない。今度ちゃんと読んでみよう。

また電車に乗ろうとするとなんと人身事故で止まっている。石山坂本線で人身事故って珍しいんじゃ。20分ほどで復旧。JR石山から米原、乗り換えて大垣。駅前で水まんじゅうを試してからホテルチェックイン。またJRで岐阜。

前は駅近辺しか見物しなかったのでバスでお城方面。せっかくなのでロープウェイで山頂。確かに夜景はきれい。戻って岐阜駅近くで夕食を、と思ったが狙っていた店は満席、大垣まで戻って居酒屋。チェーン店だが関東にはない店で適当に済ませてからspeak easy。

9月10日。木曽川駅で途中下車してタクシーでアクア・トトぎふ。なかなかおもしろいがどうも雰囲気が水族館というよりは田舎の遊園地だ。知的好奇心を満たす場所ではなさそうだ。行ったことはないし行く気もないがTSUTAYA図書館もこんなもんなんだろう。子供連れで賑わっていて子供達は可愛いが親は馬鹿そうなのが多い。

木曽川駅までまたタクシーで戻って名古屋。大須を一周りしてから駅近くの円頓寺商店街を歩いてみたがさほど面白くはない。ただ途中にあった多賀宮は変わっている。神社なのだかあきらかに神仏習合。不動明王まで祀っている。そのまま駅地下街に入って一周りしてから新幹線で帰京。

青蓮院、多賀大社、華厳寺

3月3日。昼過ぎの新幹線で京都。駅構内の松葉で天せいろ。

駅近くのホテルチェックイン後はひらすら歩いて川を渡って国立博物館見物後、東山の花灯篭。レンタル着物利用者が目立つ。外国人だけでなく日本人も。清水寺、八坂神社と巡って青蓮院。三条通りから坂狩場に出て「よしみ」。鮭となんとかネギの味噌鍋。青ネギではなく下仁田ネギみたいな太いネギだけど別の名前だった。

3月4日。JRで彦根。前彦根にきたとき見つけた蕎麦屋「つる亀庵」で牛すじ煮込みつけそば。お城は割愛して近江鉄道に乗るつもりで駅に戻ると次は一時間後。「多賀大社までならバスがあるはず」と調べてみたらちょうと発車10分前。ブリジストンやらパナソニックやらでかい工場群を抜けて多賀大社。

帰りは近江鉄道。所要時間も料金もバスとあまり変わらない。ただ鉄道だと乗換えがある。JRで米原乗り換えで大垣。昔はよく大垣夜行を利用したが、昼間の大垣駅は初めて。関ヶ原を超えたせいか駅前チェーン店が東京と同じ。チェックイン後あちこちぶらついてから「海彦・山彦」。明宝ハムステーキなど。

3月5日。樽見鉄道初体験。「モレラ岐阜」ってなんだ、と思っていたら巨大なショッピングモール。ショッピングモールは嫌いなのだがこれほどでかいとさすがにちょっと見てみたい。が、電車もとい列車の本数が限られているのでそのまま谷汲口駅。バスで華厳寺入り口。

追記1。今調べてみると、モレラ岐阜はそれほどでかくはないようだ。ただ周りに何もないからやたら巨大に思えたのかも。イオンレイクタウンは本当に巨大らしいが、イオンは嫌いなので絶対に行かないw

追記2。私が行ったことがあるショッピングモールはららぽーと船橋と豊洲ぐらいだが、ららぽーと船橋は名前が変わったらしい。こちらももう行かないだろうからどうでもいいw


花見のときは賑わうのだろうが今は空いている参道の途中の蕎麦屋で山菜そば。大垣駅のコインロッカーは埋まっていたのでここで荷物を預かってもらう。本堂では「戒壇めぐり」。今まで体験した戒壇と比較すると、善光寺<華厳寺<玉川大師、の順に怖い。要は他人が大勢いるかどうかで決まるのだろう。

奥の院まで行くのは大変そうなので、他のお堂を見てからまた参道を戻る。帰りのバスまで時間があるので廃線になった谷汲駅と、併設されている村立昆虫館見物。「ギフチョウ」がここらにいるとはしらなかった。

行きのルートで大垣に戻る。まだ時間があるので、名古屋に出て地下鉄で大須。一周りしてから戻って新幹線で帰京。「ローカル鉄道とバス」と「新幹線と地下鉄」の効率の差が酷すぎる・・・

近鉄で名古屋、大須の縁日

8月28日の記録。

ホテルチェックアウト後、近鉄急行。西大寺で乗り換えて大和八木。

鈍行で榛原。乗り継いで名張。この間は鄙びていていい。特急で通過したことは何度かあるが、各駅だとゆっくり見物できる。

名張から先はだんだん開けてきて景色もそれほどおもしろくないし、時間がかかるので特急に乗り換えて名古屋。地下鉄で大須観音駅。

大須はこれが三度目ぐらい。前より賑わっている。毎月28日は縁日らしく、あちこちに露店も出ている。

大須観音、便所の神様烏枢沙摩明王殿、リニューアルした大須演芸場と見物してから商店街見物。万松寺前でもちつきの準備。なるほどここのお不動様の縁日なのか。万松寺で従業員募集のポスターを見つける。坊主まで募集している。ホームページもあった。ずいぶんさばけたお寺のようだw

さらに歩いていると、女この歌声とオタクの野太い声。OSUとかいう地元のアイドルグループのライブらしい。正式にはOS☆Uなのか。そういえばOS/2とかOS-9はどうなったのだろう・・・

地下鉄で名古屋駅に戻って、地下街見物後東京へ。今回はやたらと電車に乗っていたのであまり暑さを感じなかった。

阿倍野橋と伏見稲荷と修学院紅葉音頭

8月27日の記録。

京都駅からJRで山崎。日本の製油発祥といわれる離宮八幡宮に立ち寄ってから阪急。大阪地下鉄乗り入れ電車だったのでそのまま動物園前まで。暑いので御堂筋線に乗り換えて天王寺。

あべのハルカスをうろつくつもりだったが単に高いビルというだけで面白みがない。昔はここから飛田方面へ飲み屋があったはず、と西側へ向かうとこちらも再開発。ハルカス側(近鉄駅側)だけの再開発だと思っていた。

ちなみに昔あった飲み屋街とは「あべの銀座商店街」のこと。私が大阪に住んでいたころはときどき通った。そのころはそれなりに賑わっていたのに、2008年の段階だこうだったとは・・・



これでは阿倍野を歩いても仕方ないし、暑いのでJRに乗って、王子、奈良、と乗り継ぐ。奈良線に乗りかえると英語で「伏見稲荷は稲荷駅で降りてください」みたいなアナウンス。そういえば伏見稲荷は外人観光客で大変らしい。そうこうするうち、途中から乗ってきたブラジル人(?)もこの電車は稲荷に行くのかと訪ねている。のでこちらも稲荷で降りてみた。

伏見稲荷は三年ぶりぐらいか。前は工事中だったはず。すっかり参道が新しくきれいになって幟がたくさん。「さん年連続外国人観光客人気ナンバーワン」と書いてある。確かに外国人が多い。もっとも四条あたりでも日本語より中国語のほうがよく耳にはいるから当然なのかも。

稲荷駅から京阪藤森駅までは歩いて、また出町柳。叡山電車で一乗寺駅。駅前の商店街を見てから修学院方面へ。今日はここで紅葉音頭なる盆踊りがあるらしい。よくわからないがどうやら大日盆の盆踊りらしい。適当にあるいていたら会場到着。ただ地元の人ばかりで観光客はほぼいない模様。

19時半に踊りが開始。最初に短い音頭が一つあって、次が「題目踊り」。確かに南妙法蓮華経なのだが、日蓮宗系の勇ましい感じはまったくない。こればっかりは言葉で説明しづらいので久しぶりに動画をとってみた。



続けて紅葉踊りで一旦休憩。まだ続くらしいが時間も遅くなったのでまた叡山電車と京阪で四条。

江口寿史展と下鴨神社糺の森の光の祭

8月26日の記録。

新幹線で京都。駅前で梅おろし蕎麦。ホテルチェックイン後漫画ミュージアムへ。2,3年ぶり。

江口寿史とは懐かしい名前。「ストップひばりくん」は大好きだった。が、その後どうしているかは知らなかった。twitterのアカウントがあることは知っていたが。なるほどイラスト主体で活躍していたのね・・・

展示もイラストが中心。確かに絵がうまいし、見たことがある広告や雑誌の表紙も多い。これならもう締め切りの厳しい連載漫画なんて書く必要はないのかも。ただ往年のファンとしては、あのぶっとんだギャグや楽屋落ちをもう一度体験したいのだがw

京阪三条まで歩いて、出町柳。下鴨神社のライトアップ見物。かなり混んでいるが観光客より地元の人が多い模様。光は確かに面白いが音は余計な気がする。秋の虫の声だけにしたほうがよりよさそうな・・・ 

京阪四条まで電車。盛り場をうろついてから「よしみ」で松茸と鱧しゃぶ。雑炊付きで3000円は安い。
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ