究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

散歩記録

令和元年5月散歩まとめ

5月3日。久しぶりに下高井戸から散歩開始。永福町経由で大宮八幡宮。春の大祭とのことだが行事は昼間に終了したらしく露店も店じまい中。そのまま和田堀公園、新高円寺を経て高円寺。商店街のBGMとしてAnother Brick In The Wall がかかっているのが高円寺っぽい。ただ今となってはダサい。散歩はここで終了。特に意味もなく中央線で立川に出て駅前の「玉河」。

5月4日。浜町まで地下鉄。浜町公園内の清正公寺に立ち寄ってから基本的に隅田川沿いに適当に歩いて鐵砲洲稲荷神社例大祭。今年最初の夏祭り見物。築地から銀座を経て新橋。烏森神社は今年は陰祭。散歩終了。地下鉄を乗り継いで新宿三丁目。「呑者家」本店。

5月5日。白金高輪まで地下鉄。清正公大祭。やはり太鼓は叩いているのにお題目は聞こえない。まさか近隣住民への配慮ということじゃないだろうが不思議だ。露店見物後、二本榎通り経由で品川駅。港南口の飲み屋街を一周りしてから京急と都営浅草線で浅草。「浅草ビアホール」。

5月11日。神保町まで地下鉄。御茶ノ水から神田明神。神田祭見物。オタク化というか萌え化がまた一段と進んだようだ。秋葉原から上野を経て下谷神社例大祭。昭和通り沿いに秋葉原に戻り、JR沿いに御茶ノ水。「御茶ノ水ビアホール」。

5月18日。馬喰横山まで地下鉄。柳橋経由で浅草。三社祭見物。千束通りから吉原神社。神輿が到着する前にお参りを済ませ吉原弁天見物。神輿到着。狐の面をかぶって舞っている人達がいる。「吉原狐社中」というらしい。吉原一本締め後、鶯谷方面へ適当に歩いていると小野照崎神社。ここもお祭りだったので見物。小さい神社だが露店は多いし雰囲気もいい。鶯谷に出て「関所」。

5月25日は散歩休み。

2019年4月散歩まとめ

3月30日。板橋駅まで電車。きつね塚通り、東京国際フランス学園前を経て石神井川。桜を眺めながら王子まで。飛鳥山公園内も一周してかまた川沿いに戻って板橋駅。電車で池袋。「鞍」でおでんなど。

4月6日は散歩休み。赤坂でとあるバーの閉店記念パーティー。

4月13日。御徒町駅まで電車。アメ横を見物してから国立東京博物で東寺展。一般展示コーナーにも密教関連の展示がありそこにあったチベット密教の仏像が面白い。立体曼荼羅は博物館より寺で観たほうがいい。そのまま鶯谷まで歩いて「関所」。

4月20日。散歩休み。武道館アリーナ席でクラプトン公演。

4月27日。住吉駅まで地下鉄。錦糸町を経て亀戸天神藤まつり。まさに満開。続けてまた香取神宮と亀戸水神。JRで水道橋。久しぶりに「酔の助」。やたらと混雑。ほとんどが東京観光の若者っぽい。ホテルが増えたせいか休日でも神保町界隈が賑わうようになってだいぶ経つ。

4月28日。目黒線不動前駅まで電車。目黒不動の縁日。ちょうど最後の護摩法要の時間だったので見物。同じ不動の護摩供養でも寺によっていろいろ演出があって面白い。目黒不動だと観音経も唱えていた。これはよくあることなのかしらん。

露店を一通り見物後、林試の森公園の脇から武蔵小山。だいぶ再開発が進んだ。商店街はそれなりに賑やかだがチェーン店ばかり。戸越銀座まで歩いたがやはりチェーン店。昔はもっと個性的な店もあったはず。しかもそれほど昔でもないはずだが。戸越銀座から久しぶりに池上線。五反田駅付近もやけに綺麗になっている。綺麗でつまらないのでそのまま電車で新宿。歌舞伎町の「世界の山ちゃん」。山ちゃんもチェーン店だが・・・


2019年3月散歩

3月2日。大塚駅までJR。久しぶりに都電。荒川遊園地前下車。延命子育地蔵の縁日見物。

こじんまりした縁日だが雰囲気がある。普通は地蔵の縁日は「4の付く日」だがここはなぜか「2の付く日」。近くの梶原銀座商店街の地蔵の縁日が「3の付く日」。巣鴨地蔵の近くだから重ならないようずらしているのかも。梶原の縁日にも一度行ったことがあるはずだがブログに残っていない。ブログを付けるようになる前に行ったらしい。

その後は都電沿いに宮ノ前駅。女子医大通りや熊野前商店街を見物してから田端駅。JRで上野に出てから鶯谷「関所」。

3月9日。六本木まで地下鉄。ミッドタウンのサントリー美術館で「河鍋暁斎展」。地獄絵以外にもいろいろ描いている。というかほとんどなんでも描いている。見物後駅周辺を一周りしたが寒い。地下鉄で新宿。地下街を抜けて三丁目。「呑者家」本店。

3月16日。神保町まで電車。裏道を抜けて水道橋。三崎稲荷に立ち寄る。近くは何度も通っているが境内に入ったのはたぶん初めて。総武線で亀戸までのつもりだったが一つ手前錦糸町下車。北口から亀戸天満宮。梅はほぼ終わりだが咲いてはいる。

続いて香取神社、亀戸水神と神社のハシゴ。くねくねしてはいるが基本的に一本道。亀戸駅まで歩いてから東武亀戸線、曳舟乗り換えで浅草。観音様は珍しく空いていたが「浅草ビアホール」はほぼ満杯。桜のシーズン前だから早く閉まる飲食店が多いせいかも。

北野天満宮、東尋坊、金沢21世紀美術館

2月末の旅行記録を今頃・・・

2月22日。昼過ぎの新幹線で京都。駅の松葉で遅い昼食。ホテルチェックイン後駅に戻って山陰線で嵐山。去年の大雨で景色が変わったようだ。昔やたらとあったタレントショップもいつの間にか一軒もない。観光客自体は多い。レンタル着物の若者が目立つ。

嵐電で北野白梅町。昨年に引き続き北野天満宮梅園ライトアップ。ほとんど満開。上七軒見物後バスで三条河原町。一周りしてから「よしみ」。どうやら経営者が変わったらしい。何があったのだろう?

2月23日。満席のサンダーバードで福井。蟹目当ての観光客らしい。一時間半程度だから立っても楽勝のはずだったが琵琶湖西岸の強風で1時間ほど遅れて福井駅。駅前ビルでおろし三昧蕎麦。福井で何をするかは決めていなかったが、疲れたので北電で海方面。東尋坊までのバスと接続も良いことがわかったのでせっかくなので東尋坊。なかなか賑わっていて自殺の名所の雰囲気はない。

福井駅に戻って今度はしらさぎで金沢着。タクシーで野町。チェックイン後は徒歩で片町。「五郎八」で白海老や治部煮、 レンコンの蟹あんかけなど。

2月23日。金沢で何をするかも決めていない。チェックアウト後金沢駅。ロッカーに荷物を預けてからバスで香林坊まで戻って街中の蕎麦屋で山菜ラーメン。とりあえず何度めかの兼六園。ここも中国人観光客が増えた。梅園もそれなりに。

兼六園の小立野口を出てまっすぐ歩いてみる。やたらと病院が多い。さらに進むとちょっとした商店街があって寺町風の場所。如来寺によってから天徳院。本堂でからくり人形劇を見物。珠姫を初めて知った。観光バスの一団の他は私と連れのみ。自分たちもそうだが金沢で寺社めぐりはあまりしないのかも。

その後も適当に歩いてまた片町に戻る。喫茶店で休憩後、二度目の21世紀美術館。「アジアの風景」はイマイチだったが「邱志杰(チウ・ジージエ) 書くことに生きる」は面白かった。というか書道や漢詩が大陸中国で生き延びていたとは思わなかった。文革で死滅したわけじゃなかったんだ。

また香林坊に戻って近江町市場。バスで金沢駅。「かがやき」で東京。行き当たりばったりの割に密度は結構濃い旅行に。

2019年2月散歩

2月2日。渋谷まで電車。宮益坂から久しぶりに青山ブックセンター。一時期より品揃えがよくなった気がする。

骨董通りから六本木。森ビルで「新・北斎展」。北斎なのでどれもどこかで見たような気はするが、肉筆画が多かった気が。鑑賞後は日比谷線で入谷。鶯谷まで歩いて「関所」。

2月9日。昨年の夏ぐらいまでは週一ペースで横浜に通っていたが、都合でここしばらく行っていない。寒いのでどこか地下街へということで横浜駅。西口、東口の地下街散策。さすがに半年ぐらいではたいして変わっていない。

まだ寒いので外を散歩するのは諦めてJRで東京。八重洲地下街を一周りしてからまた電車で御茶ノ水。「御茶ノ水ビアホール」。

2月10日。小川町まで地下鉄。本郷通りから御茶ノ水。神田明神によってみる。いつのまにかあたらしいホールみたいな施設ができている。ポニーのあかりちゃんはまだ元気。

そのまま湯島天神まで。梅は見頃。ただやはり寒い。アメ横を覗いてからJRで池袋。久しぶりに「ぶくろ」でハマグリ豆腐鍋。

2月16日。寒さが和らいだので下高井戸から散歩スタート。東松原近くの裏口から羽根木公園。

ほとんどの梅は満開だし(品種と斜面によってばらつきはある)、梅林もだいぶ整備されたようだが野良猫が見当たらない。ネコだけでなく昔の羽根木公園にあった「ある種の怪しさ」が一掃されたようだ。仕方がない。どうせ梅ヶ丘付近もさらにご清潔になってしまってるだろうからそのまま下北沢。こちらももう瀕死状態だが人口自体は多いのでまだなんとか。でもここで飲むのはつまらないので千代田線直通で久しぶりに北千住。やはり都内北部や東部だとほっとする。一周りしてから以前一回はいったことがある焼き鳥メインの居酒屋「じんざえ門 」。昨年6月にも利用したがそのときは店名を忘れてた・・・
記事検索
Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ