究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

音楽

君も僕も猫も満足できるかな?


少女A:猫って可愛いよね?
少女B:うん、かわいい^^
少女A:あんまり可愛いから、キープしちゃったw
少女B:え?
少女A:Bちゃんもかわいい・・・
少女B:え、え!?
少女A:冷蔵庫の扉を開ける
(冷蔵庫には猫の生首・・・)
少女B:んぐぎゃーー・・・・・


戦国IXAと大河ドラマとファイナルファンタジー

実は最近戦国IXAもプレイしている。もちろん無課金・・・

このゲームとかソーシャルゲームに関しては別な話もしたいが、それはちょっと長くなるので別の機会に。とりあえず思いついたこと。

戦国IXA(のテーマ)=(大河ドラマ+FF)÷2 のような気がw

まずは戦国IXAのテーマ。



お次は大河ドラマ。どれでも同じようなものだが、戦国ということで「風林火山」。現在の戦人、自衛隊による演奏である。


最後はFF。これもどれでもいいんだけど私の好きな5のオープニングテーマのオーケストラ版。


絶対似ている。というか音楽と戦争ってこんなものかもw

新橋の「流し」

先々週の土曜日に、ニュー新橋ビルの地下一階をさまよっていたら、「流し」の人を発見。けっこう若い人だった。一方客のほうは相当年寄り。ギター一本で吉田拓郎の「落陽」を歌っていた・・・



「流し」を見かけたのは久しぶりだ。一度新宿ゴールデン街あたりで見たことがあるが、それも前世紀の話だし、かなりお年の人だった。が、この新橋の人は少なくとも私よりは若いはずw

検索してみると、この流しの人だと思われるブログを発見。「流しのギター引き語りのブログ」だ。ニュー新橋ビルだけでなく、新宿や上野でも流しているらしい。プロフィール写真とか連絡先とか書いてないので断定できないが・・ 

9月1日の朝焼けと石原慎太郎の歌詞

今日9月1日の朝焼けは気持ち悪かった。「やった大変だ、東京大震災だ!」と思った人も多いはずw 本当は台風の影響らしい。気持ち悪さがよくわかる写真を見つけたのでご紹介。
SDIM1841


ところで「夜明け」といえば、小学校のころ習った「夜明けだ夜が開けていく、どこかで誰か口笛を♪」という歌詞を思い出す。短調で子供には気持ち悪い歌だった。しかもサビはたしか長調。調べてみたらタイトルは「さあ太陽を呼んでこい」。作詞者はなんとあの石原都知事! 作曲はあの山本直純! みんなのうたシリーズだったのね・・・

動画もあった。もっとゆったりした曲だと思っていたが、けっこうアップテンポ。記憶はあてにならないw

「死都ブリュージュ」を読んでみた

「夢幻」という日本のプログレバンドがある。その「レダと白鳥」というアルバムに、「死都ブリュージュ」という曲がある。まさかと思ったが、ちゃんとyoutubeにもあった・・・



死都ブリュージュ」という小説もある。というか夢幻の曲名もこの小説から取ったのだろう。なぜか惹かれるものがあったので読んでみた。フランス文学(作者はベルギー人だし舞台もベルギーだが)なんて読むのは久しぶり。たぶん25年ぶりだw

本の内容については私なんかが説明するよりも、リンク先の松岡正剛先生に任せたほうがいいだろう。ただ、主人公(ヴィアーヌ)の心理描写も結構あると思うんだけど・・・ 訳者が違うせいかも。私が読んだのは「田辺保訳」。先生のは「窪田般彌訳」だから・・・

で、私の感想を一言で。「オカルティックなエロゲーのストーリー」だ。特に怪現象が起きるわけではないし、直截的な性愛描写があるわけでもないのだが、とにかく雰囲気がw プログレの題材になるわけだ。

キリスト教、特にカトリック信者ならより深くこの作品を鑑賞できるのかもしれない。が、あいにく私は反メシア教徒の俗物だからw

とはいえプログレとかオカルトとか好きな人なら読んで損はない。ちょっとした図書館には置いてあるはず。

あ、買えないこともないのか・・・



記事検索
Recent Comments

livedoor プロフィール
ブログセンター



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

blogram投票ボタン


  • ライブドアブログ