究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

一般

僕はウナギだ














「北欧のアレ」と「トー・クン」のところに飛躍があるけど、その理由はこのページに。
http://jakhentai.blogspot.jp/2008/04/blog-post_25.html

昔は北欧というと社会保障の次がアレだったのに・・・

久しぶりの歌舞伎鑑賞

1月2日の記録。

新橋演舞場で久しぶりの歌舞伎鑑賞。夜の部。ひらかな盛衰記「逆櫓」と忠臣蔵「七段目」と「釣女」。

歌舞伎座には何回か行ったことがあるし、演舞場もこれが二回目だが、すくなくともブログをつけ始めてからは歌舞伎を見たとの記録がないので、5年ぶりかもっとかも。それなりに面白かったが、お正月から忠臣蔵は疲れる。正月の寄席みたいにもっと気楽にすればいいのに。高い金を取るから真面目にやらないと怒られるのかもしれないが、所詮芝居見物なんて道楽なんだから・・・ 「釣女」みたいなのだけ三つほどやればいいんじゃないかなw

そういえば、結局昨年も寄席は一度っきり。最近どうも聞きたい噺家がいなくて・・・ とりあえず今度の土曜にはまた浅草演芸ホールか末広亭には行くつもりだが、その後はどうなることやら。


2013年初詣と元旦雑感

2012年〜2013年の二年参り。

どこに行こうか迷ったが、まだ腕が万全ではないので遠くはやめにして「世田谷八幡」。ついでに豪徳寺。

下高井戸から歩いたが、途中は人気がまったくない。数年前まではもう少し人出があったのに。

それでも神社は大混雑。苦しい時の神頼みとはいうものの長すぎる。そろそろデフレを根絶しないとね。こんな単純なことに最後まで気づかなかったのが民主党。まあ育ちのいいお嬢ちゃん、お坊ちゃん集団だったということかもw

一夜明け、千葉(津田沼)の母親のところに行って今帰宅。昨日(大晦日)の溝の口でも感じたことだが、都心をちょっとだけ離れた新興(?)住宅地には「季節感」というものがまったくない。桜新町はともかく、渋谷だって元旦はちょっと別なのに、津田沼も錦糸町も普段とまるで変わらない。イオンとかイトーヨーカドーとかに毒されるとこうなるのかもw

「季節のない街」といえばこれ。いつのまにかカバーも増えたようだが、年寄りにはこれがいい・・・

ここ一ヶ月ほどの状況と散歩記録

ついブログの更新をサボってついに大晦日。かいつまんで近況報告を。pochiさん心配をおかけしてすみません。

11月23日 梶原地蔵の縁日見物。
11月24日 清澄公園の紅葉見物。帰宅途中(というか地元の駅の階段)で転んで左上腕部骨折。その場はいったん家に帰ったのだが、後で痛みに耐えかねて救急車で玉川病院。レントゲンと応急手当。
11月26日 あらためて診察。手術要というか手術したほうがよいとの診断。
11月28日 一泊2日して手術。初めての全身麻酔。
11月29日 退院。
その後1週間ほど病院と自宅の往復だけ。
12月9日 近場(上用賀)散歩。
この日以降は、リハビリしながら復帰。
12月15日 ボロ市見物。
12月22日 秋葉原見物。
12月23日 鳩ヶ谷の酉の市(おかめ市)見物。
12月29日 薬研堀不動院の歳の市見物。

というわけで、もうほぼ普通どおりだが肩があまり上がらない。さいわいリハビリ担当のお姉さん(作業療法士)が若くてサディスティックなのでまじめに通っているw 自己診断だとあと、一、二週かな、完全に元通りになるのは・・・・

ファンタアップル、オランジーナ、ルートビア

もう二度と復活しないだろうと思っていたファンタアップルがいつの間にか復活していた。さっそく飲んでみた。味は昔とあまり変わらない気がする。ただ昔はペットボトルなんてなかったのだがw

ファンタに限らず、今年はなぜか炭酸飲料ブームのようで、以前は日本国内では入手が難しかった(輸入食料品店では買えたかも)オランジーナとかシュウェップスも店頭に並んでいる。こちらも買ってみたが、国内生産のせいか味は本物とは違う。まあ炭酸飲料が増えたことは喜ばしい。

さて、こうなったら一か八か、「ルートビア」を日本でも売ってみたらどうだろうw? ドクターペッパーでさえ嫌がる人が多いからルートビアはまず無理だと思うが、やってみなければわからない。どうやら沖縄では結構メジャーらしい。私も大昔に一度、海外で飲んだだけだが・・・ 美味しくなかったw



「ルートビアラグ」という曲のほうが有名かな・・・


ビリー・ジョエルっていつのまにか禿げてたのか、いや人のことは言えないがw


記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ