3月10日。特に行きたいイベントもないので久しぶりに純粋な散歩。

下高井戸から甲州街道を渡って玉川上水。ここの公園や遊歩道の正式名称がよくわからないなと思って調べると、玉川上水公園、玉川上水永泉寺緑地、玉川上水第三公園、玉川上水第二公園と別れているらしい。今回は下高井戸からなので、玉川上水永泉寺緑地発ということになる。

一時期は毎週のようにここを歩いていたが最近はご無沙汰。そのころはここで相当数の猫に出会えたものだがだいぶ減った。苦情のためだろう。が2、3匹は見かけた。

上北沢から首都高沿いに高井戸、高井戸からは環八の旧道で川南、そのまま荻窪まで。
南口の喫茶店で休憩してから、北側の商店街。続けて久しぶりにタウンセブンとルミネ内探索。一時期よりは活気が戻ったというか明るくなったがそのぶんつまらなくなった印象。調べてみると2010年に改装したらしい。じゃあ前回の訪問は2010年以前だったのか・・・

電車で高円寺に移動して、ガード下の「大万」。満席に近かったがなんとか入れた。若い人たちで賑わっているのはいいが、どうも地元の人っぽくない。東京見物でホテルや民泊に止まったついでに訪れたのでは、という気もするが確証はない。最近どこへ行ってもそう感じるのはなぜだろう? 単に私の錯覚でみんな都内に住んでいるのか(昔と風貌が違うので私のような年寄りの目には地元民に見えない)のか、あるいは外国人だけはなく地方民の需要によって都内の飲み屋が成り立っているのか・・・