10月5日。

「はくたか」で直江津。車内で笹ずし。美味しい。信越線に乗り換えのんびり長野まで。久しぶりにスイッチバック。雨は降ったりやんだり。

長野駅は初めて。遠い昔、長野駅までの切符を買ったことはあるのだがそれはまた別の機会に。とりあえず徒歩で善光寺へ。雨だし、すでに15時近くだがかなりの参拝客。中国語も目立つ。浅草だけでなく善光寺もパワースポットとして台湾で有名なのか・・・

本殿の内陣参拝。戒壇巡り。玉川大師よりは怖くない。

境内を一周りしてから、権堂アーケードという繁華街(無料紹介所とかあるからそれなりに歓楽街なのかも)を通って長野電鉄権堂駅。地下鉄だ。乗ってみると見覚えのある車両。東急の昔の田園都市線(新玉川線)の車両だ。おそらくこの車両自体に乗ったことがあるはずw

長野駅周辺を一周りしてから、今度はバスでまた善光寺。19時から「十夜会(じゅうやえ)」という法要があるらしいので見物。本堂には既に数十人集まっている。お上人様が登場するので道を開けて頭を下げていろ、との指示があるので従っていると、女性の声で「南無阿弥陀仏」。頭を触られる。「数珠をいただく」ということらしい。声の主は鷹司誓玉大僧正。善光寺上人第121世とのこと。

法要はなかなかか良かった。若い坊さんたち(上人様以外は男)の声も綺麗だし、本堂の残響もよい。コンサート会場として使えそうだw 密教系や日蓮系の法要は何回も体験しているが、浄土系は久しぶり。

遅くなったので法話はご遠慮して帰りはタクシー。駅前の油やという蕎麦屋で鴨南蛮。長野新幹線(実は初めて)で帰京。