8月27日の記録。

年寄りだから、去年の隅田川花火大会だってつい昨日のことように感じられるのだが、実はあれから一年と一月。もちろん8月の隅田川花火は初体験。

とはいえ、やることはいつもと同じ。混雑する浅草駅を避け、本所吾妻橋の駅から散歩開始。見番通りを北に向かう途中で交通規制が始まる。規制開始は18時だから例年と同じなのだが、一月遅れだから日が沈みかけているので去年までと雰囲気が違う。鳩の街を通り抜けて、喫茶「エデン」で休憩というか時間つぶし。白鬚橋付近で花火開始。

それからのんびり川沿いを下る。途中で墨堤通りに出てさらに下る。高速や倉庫やマンションの隙間からでも花火を鑑賞することは可能。音は迫力がある。あっちこっちでディレイがかかるからw

19時40分ごろに言問橋の西詰到着。ちょっと早すぎたかな、と思ったがとりあえず橋の行列にならぶ。が、まったく動かない。やはり今年は人出が多いのかも。下手すると高速の下(花火がまったく見えない場所)で時間終了になってしまうかと思ったが、ぎりぎりセーフ。終了までの15分間は橋の上で堪能できた。

橋の真ん中にまで辿りつくまでに20時30分。その後もなかなか進めない。どうやら東詰のところで大混乱になっている模様。なんとか橋を渡り終えると、浅草駅を目指す人が大勢。花火大会後に浅草駅に行ったってどうしようもないのだが・・・ 今年はじめての人が多いのかも。そのまま言問通りを進んで入谷駅まで。日比谷線で秋葉原に出て世界の山ちゃんに21時半頃到着。この時間なら入れるだろうと思っていたが満席。10分ほど待たされる。先客のほとんどはアキバ帰りのようだったが、22時頃ぐらいからは花火帰りのカップルも何組か入店。リア充も非リア充も仲良く手羽先。ごのごちゃまぜ感が名古屋っぽくて楽しい。

橋の上からだと、この動画より迫力がある・・・