7月18日の記録。

都営線の春日駅を出ると、「こんにゃく閻魔」で有名な源覚寺はすぐ近く。今日は盛大にほおずきが売られているし、参拝客も多い。この寺には何回かお参りに来たことがあるし、去年の7月19日にも来たのだが、これほど賑わっているのは初めて。

続いて伝通院の朝顔市。ここでもちゃんと朝顔が売られている。去年はすでに売り切れていたのに・・・ 境内にある豪華なホールでアマチュアバンドが演奏をしているのはいいが、これほど下手な演奏は久しぶりだw 近所の大学バンドなんだろうけど・・・

そういえば、昨年の7月19日には、都内でかなり綺麗な虹(しかも時間よっては二重にかかった虹)を見ることができた。写りは悪いが、一応携帯で撮った写真が残っていたのでご参考までに。この写真だと二重ではないが・・・

200907191842000


伝通院(なぜかgoogle IMEだと傳通院としたがる・・・)の隣の沢蔵司稲荷(澤蔵司稲荷、たくぞうすいなり)にもお参り。霊窟「お穴(おあな)」も見物。江戸時代にはこのへんにも狐がいっぱいいたのだろう。

その後は国道254号(春日通り)をひたすら池袋まで。途中お茶の水女子大学の前を通ると、「御用の方は受付を済ませてから」となっている。私が学生のころは出入り自由だったと思う。もちろんその当時でも、ほとんどの女子大は男性の出入りには厳しかったが、お茶大だけは別なんだ、と妙に感心した記憶があるからw

サンシャインに近づくと、なぜか若い女同士の二人連れが多い。見回すとK-BOOKSが何軒もある。なるほど、ここがあの「乙女ロード」か・・・ この近辺には何回か来たことがあり、ある程度は想像ついていたが、春日通り近くのほうがよりディープだとは知らなかった・・・

池袋で散歩は終了。pochiさん推薦の「さかば ふくろ」に入ってみたかったが、日曜日は早く閉店とのことなので、西武線で江古田に出、前から気になっていた「お志ど里」に入店。この店はなかなかよかったし、ちょっと書きたいこともあるので別記事で。