足利の思い出1の続き。

昼食を取って(確か「足利うまいもの会加盟の洋食屋だったはず)、散歩を続けるうちに、午後三時を過ぎた。授業が終わっているころである。

「足利出身の一般生(以下Y子)」は、特にクラブ活動をしていなかったので、授業が終わるとすぐに寮に戻ることは知っていた。そこで、私はグループ内の一番素直な奴に、「今から寮に電話をかけY子を呼び出し、足利の名所はどこかと聞け」と命令した。

そいつは本当に電話をした。あとから聞いたのだが、いくら自由な学校といっても、授業日に数人で無断欠席したのだから、かなり話題になっており、Y子もそうとうびっくりしたらしい。でもちゃんと「織姫神社」や「足利学校」を見物するように教えてくれた。

そしてとうとう、Y子の実家にみんなで押しかけた。具体的に書くと完全に特定できてしまうのでボカしておくが、地元では名士の家だ。Y子のお母さんもさぞかしびっくりしたことだろう。東京の変な学校に娘を行かせるんじゃなかった、と後悔したかもしれない。

足利見物と実家訪問という当初の目的を無事果たし、悪ガキどもは満足した。酒屋で「一人娘」という日本酒を買い、渡良瀬川の川原で祝杯を挙げた(二十五年以上前の話なので、通報しないでw)。青春だったな・・・

これが「最初の」足利訪問記録だ。その後も四〜五回は足利を訪れている。ある年などは、足利で新年を迎えたこともある。普段それほど人がいない鑁阿寺に、地元の人がたくさんお参りにきているのに感動した。織姫神社から見た初日の出は美しかった・・・

くだらないことを書いたが、「足利はいいところ」というのは本当だ。都内からなら東武線ですぐだし、たいして交通費もかからない。京都や鎌倉ほど有名ではないが、なんといっても「足利氏」ゆかりの土地だ。歴史好きなら行って損はないはず。