究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

2018年03月

飛鳥山と音無川、ついでに目黒川

3月24日の記録。

地下鉄で王子。そのまま飛鳥山。モノレールは以前乗ったので徒歩で山の上。もちろん花見客が多いがそれほど混雑しているわけではない。むしろ児童遊園で滑り台で戯れる子供が目立つ。ここはまだ滑り台やジャングルジムが残っている。滑り台の数種類も多い。

一旦駅に戻ってから音無川(石神井川)。駅近くはライトアップされていて宴会も。そのまま川沿いに板橋駅まで。途中の花はかなり見事だったが宴会どころか見物客もあまりいない。

板橋からはJRで恵比寿。駒沢通りで中目黒。目黒川の桜。さすがにこっちは混んでいるがさほどでもない。まだ満開ではないからかも。音無川に比べると風情はないが、ライトアップされているので夜桜見物にはいい。

中目黒近辺は混んでいるので渋谷に出て多古菊。もう鍋は終わってしまったのでおでん、スズキの刺し身、山うどの酢味噌など。


「あたり芋」と阿呆グーグル

青空文庫で泉鏡花の「深川浅景」を読んでいると、

然《しか》も頬骨《ほゝぼね》の張《は》つたのが、あたり芋《いも》を半分《はんぶん》に流《なが》して、蒸籠《せいろう》を二枚《にまい》積《つ》み、種《たね》ものを控《ひか》へて


という記述があった。はてさて「あたり芋」とはなんだろう? 蕎麦屋のつまみだからジャガイモやサツマイモのはずはない、おそらく山芋料理だろうが確信が持てない。

とりあえず検索してみる。まず普通に「あたり芋」で検索してもまったく役立たない。最近のgoogleは馬鹿すぎる。引用符付きで検索するとやっと「キザミ芋・あたり芋」という用例が。入ったことはないが有名な店だ。やはりヤマノイモの料理らしい。

今度は「"泉鏡花" " あたり芋"」で検索。ようやくまともな情報が見つかる。同じ鏡花の「春着」にも「あたり芋」の用例があるようだ。注釈もある。
あたり芋 擂り芋。ヤマノイモの根をすりおろしたもの。醤油や酢で食べたり、とろろ汁にする。

よかった。やはり山芋だ。スルメ→アタリメの要領で「すり芋」→「あたり芋」なんだろう。もっともこれも推測。「"スルメ" "アタリメ" "すり芋" "あたり芋"」で検索しても何も引っかからない。が、おそらく間違いないだろう・・・

石井重美「世界の終り」


















忖度とナオン






























えこひいきと口伝























記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ