究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

2010年04月

東京哀歌

男に向かって、「ハゲ、デブ、キモオタ、マザコン・・・」などといくら罵倒しても何の問題もない。しかし、女に「ブス」と言ってしまったら下手すりゃ社会的に抹殺される。

同様に、「東京人は汚い、サツガイせよ!」と主張すれば拍手喝采されるが、地方の悪口をちょっとでも言おうものなら・・・ 世の中不公平だw

そんなわけで、被差別地域東京で生まれた男たちに捧げる歌を何曲かご紹介。

まずはエンケン(遠藤賢司)の「東京ワッショイ」。不思議なことに、大阪の十三でのライブでもこの曲は演奏され、それなりに盛り上がっていた。大阪の吉野家にも納豆定食はあるのと同じか・・・



お次は「東京ラプソディ」。私が最初に入った会社の社長(故人)の愛唱歌だ。この社長も純粋な大阪人なんだがw



古い曲ついでに笠置シヅ子の「東京ブギウギ」。この映像はけっこうすごいw



最後にお口直し。


機械翻訳によるspam

電話セールスや訪問セールスには殺意さえ抱く私だが、迷惑メールはそんなに嫌いではない。確かにうざったいが、削除は簡単だし、なかには面白いものもある。

そんなわけで、さっき届いたSPAMがなかなか面白かったのでご紹介。勝手に送りつけてきたんだから写真も添付しちゃおうw

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ハロー!私の名前Zlata、私27歳の誕生日5月1日。私が起動すると知り合いになるします。私は言う私について多くのこと。私は善人を検索すると、彼との関係を構築します。あなたの写真を私に私のメールにお書きくださいから、私は私の写真を送って!

私の個人的な電子メールのみに返信:xxxxxxx@yahoo.com

私はあなたの手紙を待ちます。
私はあなたの答えを見る
Zlata ...

spam


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

とうとうspam送信に機械翻訳(自動翻訳)を利用する時代になったのか・・・ といっても翻訳の質はご覧の通り。20年前からまったく進歩していない。というかむしろ悪化している。だが、CPUやメモリ、ネット環境の進歩が凄まじいから、誰でも簡単に利用できるようになっただけだ。

バブル期の日本国や企業が機械翻訳に投資した莫大な金はほとんど無駄だったが、「今」のハードや通信環境を利用して、少数の優秀な開発者があらためて開発すれば、相当いいものができるはずなのに・・・ 今となってはそんな予算が認められるはずもない。もしも独立法人がそんな予算を計上すれば、蓮舫さんに仕分けされてしまうだろうw 確かに純粋(w)な研究者に予算を与えるとロクなことはないが、民間企業にはもう余裕が無い・・・

ああ、もう日本は沈むしかないんだろうな・・・


ロッテリアとファンタアップルの思い出

マクドナルドの思い出を書いたのでロッテリアのこともw

ロッテリアを愛用していたのは高校生のころ。よく千歳烏山店(現存はしない)を利用していた。もちろんそんなに小遣いがあるわけではないので、ドリンクだけ注文して利用することも多かったが、店員の愛想がよくて長居が可能だった。もっともそんな客が多かったから閉店してしまったのかもしれない・・・

大学生のころ、ロッテリアはサンパチトリオなるものをマクドナルドのサンキューセットに対抗して発売した。380円でハンバーガーとポテトとドリンクが買えて嬉しかったのを覚えている。たしか当時はシェークもドリンクとして選べたと思う。なにせバブル崩壊前の380円だから、安さのありがたみが違った。今だったら150円ぐらいの値段でなければあのありがたみは感じられないだろう。実際の値段の問題というより、気分の問題なのだが・・・

ロッテリアの話をしたからには、「ファンタアップル」についても語る必要がある。酒屋や自販機でファンタアップルが手に入らなくなってからも相当の長い間、ロッテリアに行きさえすれば飲むことが可能だった。ファンタアップルがロッテリアからも消えたのは今世紀になってかららしい・・・

そういえば、私が最後にロッテリアを利用したのも今世紀になってから、場所はJR池袋北口の改札内だった。たしかその時はまだファンタアップルがあった気がする 

今ではもうロッテリアに行きたいとは思わない。もともとハンバーガーの味自体が気にいっていたわけではないし、大好きだったファンタアップルももうない。店員の質というか態度はモスやマクドナルドよりも上なので(韓国式教育の成果なのだろうかw)、気分的に余裕があれば入ってみたいんだけど、今はすぐコストパフォーマンスを計算してしまうから、絶対的に安いか自分の感覚にあっているかでないとね・・・ 

もしもファンタアップルさえ復活させてくれれば、マクドナルドがどんな安売りキャンペーンをやっていても無視してロッテリアを利用するんだが、無理なんだろうな・・・ というかコカコーラ社がファンタアップルをガラス瓶で売ってくれればもっといいんだがw

散歩記録:西大島から北千住まで、途中藤の花鑑賞

4月24日の記録。

西大島からスタート。亀戸駅を経て亀戸天神。藤まつりが開かれている。が、まだ満開ではない。昨年は4月30日にはすでに散ってしまっていたのに。池の中の亀たちもおとなしい。寒いからだろう。

なお、藤の開花情報は「船橋屋」のホームページで確認できる。綺麗な写真もあるのでおすすめ。

お参りを済ませて、北千住を目指して適当に歩く。途中、曳舟駅近辺で東京スカイツリーがよく見渡せる場所があったので、めずらしく携帯で写真を撮ってみた。相変わらず下手な写真だが、感じはわかっていただけると思う。
CACRJDL8


よく考えずに歩いていたら、いつのまにか荒川沿いまで達してしまった。強引に道なりに行くと、京成八広駅近辺に到達。さらに歩いて東武鐘ヶ淵駅。ここまでくれば北千住はもうすぐ。いったん喫茶店で休憩。

カネボウの敷地内に「花王」のロゴを発見。以前この近辺を歩いた時には気がつかなかった。そういえばカネボウってバラバラにされちゃったんだっけ。

北千住では当然あの店、のはずが今日はお休み。連休も近いので微調整しているのだろう。北千住に飲み屋はいくらでもあるのでたまには別な店を開拓しようと飲み屋街を一回り。なんとなく美味しそうな居酒屋を発見。七輪で魚ときのこをあぶって生ビール。ひさしぶりに海ぶどうもつまむ。なかなか良い店だが、あの店ほどではないので店名は隠さない「はりや総本店」。おいしいんだけど店員さんがちょっととろい・・・ あの店の客さばきがすごすぎるだけなんだがw

サッポロ一番 中華そば本舗 昭和の香り漂う中華そば



最近カップ麺について書いていなかったが、別に食べるのをやめたわけではない。ほぼ毎日何らかの麺類は食べているのだが、特に目新しい製品に出会わなかったので記事にしなかっただけである。

今日はたまたま久しぶりに興味深い新製品(?)をコンビニで見かけたので買ってみた。

確かに懐かしい味。多めの胡椒が場末のラーメン屋を想像させる。量もちょっと多めなので軽い一食として十分。ただ、毎日食べたくなるような味ではない。その点、カップヌードルはたいしたもんだと思う。

関係ないが、「昭和時代の人間はみんな悪だから私たちに話しかけないで」と本気で書いてるXXXXXXがいる。そういう人はこんなカップ麺は食べないんだろうな・・・
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ