究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

2009年06月

神保町物語5

神保町物語4の続き。

交通事情も書いておこう。今でこそ自宅(世田谷区桜新町)から地下鉄一本で神保町に出られるが、高校〜浪人時代には半蔵門線は「半蔵門」までしか開通していなかった。

そのため、自宅から直接神保町に行くときには、地下鉄千代田線で新御茶ノ水までいってから界隈を散歩することが多かった。高校や予備校の帰りに行くときには国電(まだ国鉄時代なので)で、水道橋や御茶ノ水駅を利用していた。

帰りはそれらの電車を利用するか、都バス(渋谷〜御茶ノ水)を利用してのんびり帰ったりしていた。

また、浪人中に原付免許をとってからは、スクーターで通うこともあった。水道橋付近でスピード違反でつかまったことがある。

ただ、そのころの私にとって「神保町」と「秋葉原」はまったく別の興味対象であったため、地理的にはきわめて近いにも関わらず、両方を同じ日に散策したことはあまりない。今はたいていどちらの町もはしごしているのに。

私の中で、「神保町」と「秋葉原」が統合されたのは大学生になってからである。それはまた次の機会に(まあ答えは単純明快だけど)。

続きはこちら

スーパーサミットのざる蕎麦

スーパーやコンビニのざる蕎麦は、昔にくらべると大分良くなった。蕎麦粉含有量もたぶん増えているのだろう。あとほぐし水が付くようになったのは便利。いつごろから付くようになったっけ?

池波正太郎の「食卓の情景」に、買ってきた蕎麦を酒でほぐして食べる、というくだりがある。かっこいい。しかし家で日本酒を飲む習慣がないので試してみたことはない。今度やってみよう。日本酒のあつまみに最適な「すぐき」がまだ冷蔵庫に眠っているし・・・

ubuntu liveCDとusb-creator

なんか奇妙な現象がおきた。

DELL PowerEdge SC430にubuntuをインストールしようと思い、liveCDを作成した。
作成はDELL inspiron530 で行い、できたCDでちゃんと起動することを確認した。

しかしSC430上ではどうやっても起動しない。もちろんBIOSの設定とかは間違えていないはず。借りているマシンなのであまり変なことをするわけにはいかない。どうしようかと悩んだ末、もしかしたらUSBメモリからなら起動できるかも、と思いusb-creatorで起動用USBメモリを準備した。しかし、inspiron530ではブートエラーと表示されるだけで起動できない。一回洗濯しちゃったメモリだからか・・・

ところがどっこい、CDでは起動しなかったSC430にそのメモリを挿してみると、なぜか起動成功。よかった。だが不思議だ。同じDELLのマシンなのに・・・

まあ諦めずにいろいろやってみることは重要だ。

散歩記録:お富士さんの植木市と浅草界隈

6月27日の記録。

都営浅草線浅草駅から、雷門、仲見世と通って浅草寺へ。浅草神社から北上し、植木市会場へ。五月には売っていなかった鈴虫が売っている。もう夏だ。

一通り見物後、隅田川沿いを北上。白鬚橋をわたって明治通り沿いに地蔵坂通りまで。喫茶店で休憩後、曳舟駅周辺を散策してから東武線に乗り、北千住まで。また大はしで煮込みとビール。今日も混んでいる。

子供のころ読んだ本1

サヴァイヴと十五少年漂流記と日本文化を書いてから思い出したこと。

子供は誰でも、特に男の子なら探検物が好きなはず。

「十五少年漂流記」、「ロビンソンクルーソー」、そして「宝島」・・・

どれも面白かったが、やはり「宝島」が好きだった。小学生のころは子供向けリライトしたものを読み、高校ぐらいに文庫で読み直し、社会人になってから原著を読んだ。

ちょっとだけマイナーだが、ジャックロンドンの「野生の呼び声」も好きだった。確か学研の学習雑誌に連載されていたはず。これも一応英語で読み直した。ペットブームなんだからこの本も売れてもいいはずだが、チワワ好きにはわからない世界かも・・・

でも本当に面白いのは「ハックルベリー・フィンの冒険」だ。これを面白いと思わない男の子は、どこかに問題がある。逆に、これを薦める母親もかなり問題かもしれない。この本を英語で読むのはかなりきつい。ペーパーバックは持っているが途中で挫折した。死ぬ前までにちゃんと読みたいものだ・・・
記事検索
Recent Comments

livedoor プロフィール
ブログセンター



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

blogram投票ボタン


  • ライブドアブログ