究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

ヴェルヌと地底探検(地底旅行)に関するつぶやき













2017年12月散歩まとめ

11月25日。特に行事等もないので、中野まで電車。ブロードウェイ探索。また占い屋と腕時計屋が増えている。占いはともかくなんで高級腕時計なんて今さら、と思ったが一部は結構バブルなのかも。駅周辺を一周りしてからバスで渋谷。多古菊で鍋。

12月2日。神保町まで地下鉄。白山通りをひたすら水道橋、後楽園、白山と歩いてちょっと曲がって六義園。恒例のライトアップ見物。しもふり商店街に立ち寄ってから巣鴨駅。「千成」初体験。もつ煮込みは売り切れだったが牛すじ煮込みで十分満足。

12月9日。オジサンオバサンバンドでセッションというか忘年会。西荻窪「ほうぼう屋」。こんな店まだ残ってたのか。こっちは既に年寄りなのだが、他の客はもっと上。確かに高齢化社会だ。

12月16日。同じく年寄りバンドの忘年会。赤坂「キングハーベスト」。中央線沿線とは雰囲気が違うが年寄りだらけは変わらない。これでいいのか日本、いや駄目なんだろな・・・

猿は都心を目指す











2017年10月末から11月散歩まとめ

10月28日。雨なので「怖い絵展」か「運慶展」でも見ようと、上野。とりあえず公園内を散歩してみると「怖い絵展」は大行列。なので博物館の「運慶展」。こちらも昼間は混んでいたようだが、夜なのでさほどでもない。ゆっくり見物後、浅草へ出て浅草ビアホール。

11月3日。文化の日と言うか明治節。連休に重なるのは久しぶり。ふと谷保天満宮の「おかがら火(庭燎祭)」を思い出したので久しぶりに京王で分倍河原、乗り換えて谷保。前の「おからが火」体験は2012年。明らかにあの時より参加者が多い。「煮団子」にも行列ができている。せっかくなので並ぶ。相変わらず美味しい。肝心の火は最初はあまりぱっとしなかったが、木が乾いた(?)せいか後半はそそれなりに。



見物後は国立駅まで歩いてから電車で立川。駅前の「酒亭 玉河」。まだこういう店が残っているので立川は侮りがたい。

11月11日。 特に祭りやイベントはないのでとりあえず電車で池袋。西口を一周りしてから西武池袋線沿いに、椎名町、東長崎まで歩いてから、いったん電車で西武練馬。大鳥神社付近をぶらついてからまた線路沿いに桜川、環七を渡って江古田。久しぶりに「お志ど里」。なぜか空いていた。文化祭が終わったばかりだろうか?

11月19日。都営地下鉄で千石駅。雨はたいしたことはない。巣鴨大鳥神社の酉の市初体験。お参り後にお神酒をいただく。中身はどうやら「多満自慢」らしい。そのまま巣鴨駅。駅前を一周りしてからJRで品川乗り換え大森。こんどは大森鷲神社の酉の市。こちらも初めて。巣鴨も大森も神社自体はこじんまりしているが周りの熱気はなかなか。大森鷲神社には獅子舞が。また電車で渋谷に戻って「山形」。246沿いは閉店したが道玄坂店は健在。里芋煮、メバルの煮つけ、肉じゃがなど。里芋煮と肉じゃがは芋以外は同じようなものだが値段は650円と500円。里芋のほうが高いのか。肉はどちらも牛のはず。

べったら市と安藤忠雄展

10月20日。岩本町まで電車。雨だが大したことないので徒歩で小伝馬町。4年ぶりにべったら市見物。椙森神社、宝田恵比寿神社の順にお参り。雨の割には混んでいる。考えてみると金曜(平日)のべったら市は初体験。が、平日とはいえ観光客っぽいの人(どうしてわかるかは内緒)が多い。その後日比谷線で中目黒。大樽でサンマ。安いがあまり脂は乗っていない。

10月21日。外出できないほどの雨ではないので、乃木坂まで地下鉄、国立新美術館で「安藤忠雄展」。建築にはあまり興味がないのだが「光の教会」のインスタレーションは面白かった。

六本木まで歩いて大江戸線で新宿。久しぶりに駅西口を一回り。昔ここにマイコンショップCSKがあったのだが覚えてる人も少なかろう。甲州街道から東口に出て浪漫房。
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ