究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

柴又宵まつりと立石周辺

もう秋祭りシーズン。どこへ行くかと迷ったが、吉祥寺とか都内西部アレルギーが悪化しているし、南の方もあまり気乗りがしない。ので思い切り東へ。久しぶりに柴又。

9月11日の記録。

京成金町線にも乗りたいので柴又まで電車。宵まつりということだがメインのイベントは昼に終了したらしく、参道の店も閉まり始めている。とりあえず帝釈天に行ってみると一応仮装コンテストをやっているがそれほどの賑わいではない。昼間はもっと賑わっていたのだろうけど。

柴又駅まで戻り、さらに電車沿いに高砂まで。ここらあたりマンションも増え人は多いが街としての活気はさほどない。

なんとなく寂しくなったので、電車で上野あたりに戻ろうか、と思ったが、せっかくなのでまた久しぶりに立石。ここはまだまだ活気が残っている。まずは仲見世見物。

とある店の入口に、「夜9時まで原神社で踊っています」との張り紙。近くに「原稲荷神社」があるのでそこのお祭りだろう。住宅街の奥のこじんまりした神社。秋祭りのはずだがやっているのは盆踊り。ただかなり賑わっている。少なくともさっきの帝釈天より混んでいるような。

立石駅に戻り、仲見世と逆側(区役所方面側)も一回り。「再開発反対」の幟が何本か。が、飲み屋自体は賑わっていて、町並みは昭和のまんまだが平成生まれの若者があちこちに。なんかシュールだ。

散歩終了。電車で浅草。こちらはもう21時にちかいのにまだまだ混んでいる。ただし聞こえるのは日本語より外国語が多い。そういえば柴又や立石では外国人を見かけなかった。帝釈天は浅草で代用可能だが、立石のあの雰囲気を出している街は少ないし、外人も喜びそうだがまだ知られていないのかも。もっとも日本人で東京に住んでいても「立石ってどこ?」という人も多いだろうから仕方ない。かくいう私もつげ義春を読むまでは知らなかった。浅草ビアホールでソーセージと白穂乃香。来週はどこに行くかな。



近鉄で名古屋、大須の縁日

8月28日の記録。

ホテルチェックアウト後、近鉄急行。西大寺で乗り換えて大和八木。

鈍行で榛原。乗り継いで名張。この間は鄙びていていい。特急で通過したことは何度かあるが、各駅だとゆっくり見物できる。

名張から先はだんだん開けてきて景色もそれほどおもしろくないし、時間がかかるので特急に乗り換えて名古屋。地下鉄で大須観音駅。

大須はこれが三度目ぐらい。前より賑わっている。毎月28日は縁日らしく、あちこちに露店も出ている。

大須観音、便所の神様烏枢沙摩明王殿、リニューアルした大須演芸場と見物してから商店街見物。万松寺前でもちつきの準備。なるほどここのお不動様の縁日なのか。万松寺で従業員募集のポスターを見つける。坊主まで募集している。ホームページもあった。ずいぶんさばけたお寺のようだw

さらに歩いていると、女この歌声とオタクの野太い声。OSUとかいう地元のアイドルグループのライブらしい。正式にはOS☆Uなのか。そういえばOS/2とかOS-9はどうなったのだろう・・・

地下鉄で名古屋駅に戻って、地下街見物後東京へ。今回はやたらと電車に乗っていたのであまり暑さを感じなかった。

阿倍野橋と伏見稲荷と修学院紅葉音頭

8月27日の記録。

京都駅からJRで山崎。日本の製油発祥といわれる離宮八幡宮に立ち寄ってから阪急。大阪地下鉄乗り入れ電車だったのでそのまま動物園前まで。暑いので御堂筋線に乗り換えて天王寺。

あべのハルカスをうろつくつもりだったが単に高いビルというだけで面白みがない。昔はここから飛田方面へ飲み屋があったはず、と西側へ向かうとこちらも再開発。ハルカス側(近鉄駅側)だけの再開発だと思っていた。

ちなみに昔あった飲み屋街とは「あべの銀座商店街」のこと。私が大阪に住んでいたころはときどき通った。そのころはそれなりに賑わっていたのに、2008年の段階だこうだったとは・・・



これでは阿倍野を歩いても仕方ないし、暑いのでJRに乗って、王子、奈良、と乗り継ぐ。奈良線に乗りかえると英語で「伏見稲荷は稲荷駅で降りてください」みたいなアナウンス。そういえば伏見稲荷は外人観光客で大変らしい。そうこうするうち、途中から乗ってきたブラジル人(?)もこの電車は稲荷に行くのかと訪ねている。のでこちらも稲荷で降りてみた。

伏見稲荷は三年ぶりぐらいか。前は工事中だったはず。すっかり参道が新しくきれいになって幟がたくさん。「さん年連続外国人観光客人気ナンバーワン」と書いてある。確かに外国人が多い。もっとも四条あたりでも日本語より中国語のほうがよく耳にはいるから当然なのかも。

稲荷駅から京阪藤森駅までは歩いて、また出町柳。叡山電車で一乗寺駅。駅前の商店街を見てから修学院方面へ。今日はここで紅葉音頭なる盆踊りがあるらしい。よくわからないがどうやら大日盆の盆踊りらしい。適当にあるいていたら会場到着。ただ地元の人ばかりで観光客はほぼいない模様。

19時半に踊りが開始。最初に短い音頭が一つあって、次が「題目踊り」。確かに南妙法蓮華経なのだが、日蓮宗系の勇ましい感じはまったくない。こればっかりは言葉で説明しづらいので久しぶりに動画をとってみた。



続けて紅葉踊りで一旦休憩。まだ続くらしいが時間も遅くなったのでまた叡山電車と京阪で四条。

江口寿史展と下鴨神社糺の森の光の祭

8月26日の記録。

新幹線で京都。駅前で梅おろし蕎麦。ホテルチェックイン後漫画ミュージアムへ。2,3年ぶり。

江口寿史とは懐かしい名前。「ストップひばりくん」は大好きだった。が、その後どうしているかは知らなかった。twitterのアカウントがあることは知っていたが。なるほどイラスト主体で活躍していたのね・・・

展示もイラストが中心。確かに絵がうまいし、見たことがある広告や雑誌の表紙も多い。これならもう締め切りの厳しい連載漫画なんて書く必要はないのかも。ただ往年のファンとしては、あのぶっとんだギャグや楽屋落ちをもう一度体験したいのだがw

京阪三条まで歩いて、出町柳。下鴨神社のライトアップ見物。かなり混んでいるが観光客より地元の人が多い模様。光は確かに面白いが音は余計な気がする。秋の虫の声だけにしたほうがよりよさそうな・・・ 

京阪四条まで電車。盛り場をうろついてから「よしみ」で松茸と鱧しゃぶ。雑炊付きで3000円は安い。

深川お化け縁日見物

8月20日の記録。

2週続けて森下まで電車。久しぶりに夜店通りを歩く。なんとなく前より賑わっている気がする。雨が降っているがそのままお化け縁日会場へ。

会場につくとちょうど雨が止み、露店も営業再開。もちろん子供が多いが若い女性の二人組も目立つ。狐面が人気なようだ。

一通り見物後、深川江戸資料館。だいぶ前(2001年ごろのはず)だが、JALの機内放送用の落語の収録会がここで行われていたころ何回か来たことがある。そのころに展示室にも入ったはずだがだいぶ変わったようだ。資料が増えている。深川周辺の長屋の大家が三井(越後屋)だったと初めてしった。

けっこうゆっくり見物したので森下まで戻って散歩終了。新宿三丁目まで地下鉄。池林房、というより末廣亭付近はどこも混んでいるので新宿東口近くの浪漫房へ。思ったより客層が若い。もっともこっちが年寄りなだけかも・・・
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ