究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

サッポロ一番味噌(袋)

今日はハムとラーメンの具いり。

少し湯の量を減らしたら割りと昔の味に近くなった。


日清のきつねうどん(日清御膳)

これは日清の廉価版。
だが、こちらのだしのほうが薄口でうまい。安いほうがうまい、というのは困ったもんだ。

どん兵衛はちょっとしょっぱすぎるんだよね。醤油が濃いのとしょっぱいのは違うと思うんだけど・・・



繰り返し読んでいる本:「兜町物語」

「兜町物語」清水一行著。

清水一行氏の株式小説はだいたい読んだが、この「兜町物語」には作者自身が登場している(もちろんすべて実話というわけではないのだろうけど)分だけ、より話に現実味を与えているところが好きだ。

デビュー作の「小節兜町(しま)」のほうが、相場物としては面白いんだけど。


池尻「花しずく」

ここ数年、下手すりゃ十年ほど(良く考えると下手しなくても十年以上前からだ・・・)、祝日には池尻の「花しずく」で飲んで蕎麦を食うことが多い。

こっちも年取ったが、おばさんも年食ってるから、雰囲気はあまり変わらない(去年、改装したんだけどね・・・)。


数年前(もっと前?)まで、ここの店は「へぎそば」で有名だった。今でも「へぎそば」系で、海草をつなぎに使った蕎麦が名物だが、名前はあくまで「しずくそば」だ。新潟県(私にとっては角栄)に文句でもつけられたのだろうか? 

十年前、ロシアのウラジオストックに遊びに行くついでに、新潟駅近辺で「へぎそば」を食べ、池尻のへぎそばに比べて海草が控え目だな、と思ったものだが、今は池尻でも控え目だ。

なんだかもう訳分からない・・・

散歩記録:西大島から浅草へ

都営新宿線西大島駅からJR亀戸駅へ。
さらに北上し、大通りの交差点を左折、亀戸天神へ。

今年は天候不順のせいか、すでに藤は大分散ってしまっていて数本を残すのみ。
でも亀(ほとんどミドリガメ)は元気に餌をねだる。

そのまま北上し、適当に左折、警視庁機動隊はカヌーまで持っていることを確認して、押上へ。

そこから浅草に向かい、喫茶コロラド(いつのまにかドトール傘下になっていたんだ)で休憩。約一時間半の旅程。

記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール

t2001t2001

  • ライブドアブログ