究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

昔テスト用に作ったブログ

テストです。意味ありません。

青梅街道は江戸時代も混んでいた

久しぶりに「江戸近郊ウォーク」村尾嘉陵(かりょう)を読みなおした。
江戸時代でも、青梅街道は江戸中心部への物流の中心で、大量の馬が午前中に江戸入りし、午後には帰っていたらしい。

それにしてもよく歩く老人だ。江戸中心部から、多摩の府中、埼玉の大宮、千葉の中山法華経寺など、すべて日帰り徒歩旅行だ。勤めが忙しくて宿泊旅行ができなかったらしい。桜新町の近く(世田谷宿新町、たぶん今の上町駅あたり)も歩いている。

この本は原典でも読んだ。でもやはり口語訳のほうが読みやすい・・・



トップバリューのカレーヌードル

中身は日清(のはず)。この味でこの値段じゃ正規品が売れないよな・・・

渋谷「信州屋」

で大もり。もりそばは久しぶり。

桜丘町物語1

渋谷区桜丘町は怪しいところだ。

インフォスタワーというビルがあり、ほとんどオフィス用ビルなのだが、最上階にはなぜか居住エリアがある。入り口も別だ。
去年の12月24日には、その一室で飯島愛が死んだ。

セルリアンタワーという高層ビルもある。そこにはあのGoogleの日本拠点がある。このビルは女神転生Imagineの世界の中では、魔界セルタワーとして大破壊後も残っている。
天光教の記事にも書いたとおり、宗教関係の施設が多い。

まあ、渋谷近辺(道玄坂、神泉駅付近など)は、どこも異様だが、桜丘町は特に不気味だ。夜中に歩いている人が本当の人間か、あるいは・・・と思うことがよくある。向こうも私を見てそう感じているのだろうけど。
記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ