究極の傍観者

歴史、文学、宗教など人文科学系情報を中心にしようとは思っていますが、それ以外のことも書きます。人間のすることはみんなどっかでつながっていますから。記事内容に関するコメントやトラックバックはご自由にどうぞ。

サッポロ一番味噌(袋)

今日(正確には昨日の昼)は、生卵とラーメンの具入り。
やっぱり具とか入れないほうがうまいな・・・

桜丘町物語2

渋谷区桜丘町にはなぜかネパール料理店が三軒(?)もある。

もっともそのうち一軒(カンティプール)にしか利用したことはない。昨夜久しぶりに入ってみた。

専門学校か大学の学生(みんな同じグループらしい)が店を占拠していた。若いからよく食べる。私も同じカレーセットを注文したが、みんなライスまで取っていて、それも料金内らしい。私はもうそんなに食べられないし、メニューにはナン食べ放題としか書いてないのに・・・

数年前まで、この店でもカップルや少人数のグループがモモ(チベット風餃子)などをつまみながら酒を飲んでいたものだが、今では単なる食べ放題店らしい。

そのころにはあったチベット解放を訴えるチラシなどもなくなっていた。食うことに必死なのはもう民族依存の問題ではないのだろう。

セブンイレブンの醤油ヌードル

やっぱり味が濃い。
私は濃いのも薄いのも大丈夫だが。

元始Sunは太陽だった

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/20/news110.htmlなどで報じられているとおり、Sun がOracleに買収された。

MySQLがどうなるのかとかも気になるが、それよりSun自体がもう昔の栄光を失っていたことに改めて時の流れを感じる。

私がSunにはじめて触れたのはSun3のときだ。そのころはUnixワークステーションを色々なメーカーが販売していたが、やはりSunは早くて使いやすいし、なんとなくかっこよかった。

SparcStationが出回るようになると、ワークステーションの世界はSunの一人勝ちになった。RISC戦争のころで、HPや今は亡きDECとのスピード競争もあったが、Sunはそちらにはあまりこだわらず、もっぱらサーバとしての安定性を強調し、金融方面に注力し、さらに富を得た。でも最後はこれだ・・・

今の若いプログラマは、LinuxやFreeBSDは使っていても、本物UNIXに触れてはいないのだろうな。大体、Sunと言って思い出すのはJAVAなんだろう。そういやMACがIntel採用して大分たつから、下手すりゃIA以外触れていないのかも・・・

サッポロ一番塩(袋)

生卵とラーメンの具(乾燥ワカメや人参など)入り。


記事検索
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ